works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ウォンディ・ポダン
at 2017-08-09 10:21
ブータン王国/プナカ
at 2017-07-19 09:42
ブータン王国/ティンプー(2)
at 2017-07-01 16:43
ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

リンダーホーフ城とエッタール修道院

リンダーホーフ城
e0116578_1863888.jpg

e0116578_1872732.jpg

リンダーホーフ城は、バイエルン州の南、アルプスの山麓に近い小さな村オーバーアマガウの南を走るグラスヴァン渓谷の中程にある。バイエルンの王ルードヴィッヒ2世によって17世紀後半に建てられた離宮で、パリのヴェルサイユ宮の庭園にある離宮の一つ、トリアノン宮殿を手本にして造られたとされているが、どの辺りを模しているのかはよく解らなかった。深い森を背景に建つこの小さな宮殿と地形を利用した庭園は、渓谷の大自然の中に現れた人工美。装飾過多のバロックやロココはあまり好みではないが、ここの景観は気持ちよく不思議な美しさがある。写真は女神像の噴水がある池を中心に対峙する、宮殿側と傾斜を利用した階段庭園側を見る。

エッタール修道院

e0116578_18114583.jpg
オーバーアマガウの村から南へ8km、グラスヴァン渓谷の東端にあるエッタール修道院は、創建が1330年とされるベネディクト派の修道院。1710年に全面的なバロック化が始まり、ゴシック様式だった教会にバロック様式のファサードを付ける等、ある程度の改築は進んだが、資金難による工事の中断や火災による倒壊の憂き目に遭い、完全なバロック様式への移行は鈍化した。
その後の再建を経て、全ての空間が使用可能な状態になったのは1790年だったそうである。ただ北塔(写真上の左の塔)は19世紀半ばに建てられ、南塔(右の塔)とファサードは19世紀末から20世紀初頭の完成ということである。
バロック特有の華麗な内部に比べ、時代の反映か外観はネオ・クラシシズムの様相を呈している。



toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2012-05-16 18:23 | trip photos