works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27
ブータン王国/パロ(2)
at 2017-05-30 17:28
ブータン王国/パロ(1)
at 2017-05-16 09:32
アル・ケ・スナンの王立製塩所
at 2017-01-29 10:41

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

Hall in Tirol ハル・イン・チロル

ハル・イン・チロルは、ドナウ川の支流であるイン川沿いの帝都インスブルックの東に隣接する中世の町。かつて岩塩の採掘が主要な産業であったことから、河川交易の市場として発展し、1303年に塩の販売権を得た町になったという。塩の樽を抱える2頭のライオンのデザインが町の紋章となっていることからも、この町の発展の源が塩の生産であったことが窺える。また、この町はかつて造幣所が置かれ、通貨ドルの語源ともなった高品質の「ターラー銀貨」が鋳造されたことでも知られている。ハプスブルク帝国の最も重要な町の一つとなった15・16世紀に、旧市街に今も残る教会や修道院が建てられた。
e0116578_15265325.jpg
上の写真はアルプスを背景にイン川沿いに展開するハルの町。14世紀初頭に建てられ、ハプスブルク家のマクシミリアン1世が結婚式を挙げた所として知られるハーゼック城を中央に見る。かつて城内の塔で銀貨の鋳造が行われていたこともあり、現在はコイン博物館になっている。

下の写真はイン川に架かる木造の屋根付き橋。同様の橋はインスブルックを流れるイン川にも架っている。
e0116578_15291111.jpg
e0116578_15293286.jpg
toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2012-05-24 15:31 | trip photos