works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27
ブータン王国/パロ(2)
at 2017-05-30 17:28
ブータン王国/パロ(1)
at 2017-05-16 09:32
アル・ケ・スナンの王立製塩所
at 2017-01-29 10:41

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

バニャイアのヴィラ・ランテ

ヴィラ・ランテは、オルヴィエートとローマの中程に位置する、ヴィテルボの郊外バニャイアにあるイタリア式の庭園である。 当初は、この地の司教たちが利用する狩場の休息小屋として建てられたというが、後にヴィテルボの司教の別荘として、当時の統治者ジャン・フランチェスコ・デ・ガンバラ枢機卿が、建築家ジャコモ・バロッツィ・ダ・ヴィニョーラ(16世紀マニエリスムを代表するイタリアの建築家の一人。代表作にローマのイエズス会の本部聖堂であるイル・ジェズ教会や、カプラローラのヴィラ・ファルネーゼなどがある。)に設計を依頼。このとき自分の着想を具体化し独創性を付与する計画を託したという。1566年から約20年の歳月をかけて一応の完成をみたが、ガンバラ枢機卿の計画全体が完成するまでには、幾人かの枢機卿たちの所有を経ていた。ちなみに、ヴィラの名は1857年から所有を託されたランテ家の名を残している。
e0116578_10564118.jpg

e0116578_1057423.jpg

山の傾斜を利用して形の異なるテラスを設け、各テラスに多種多様な樹木や、彫刻を施した多くの噴水を配しながら、自然の緑と建物を背景に、調和のとれた美しい庭園を造りだしている。

上の写真は中段の噴水越しに一番下の主庭園を見る。
左の写真は噴水と噴水を結ぶ小川のような「鎖の泉」。






下の写真は約50m四方の主庭園と、中世の面影を残す
バニャイアの家並み。
その下は主庭園の特徴でもある迷路状の柘植の刈込と
ガンバラ館を見る。

e0116578_1142379.jpg
e0116578_1144239.jpg
toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2012-09-07 11:15 | trip photos