works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27
ブータン王国/パロ(2)
at 2017-05-30 17:28
ブータン王国/パロ(1)
at 2017-05-16 09:32
アル・ケ・スナンの王立製塩所
at 2017-01-29 10:41

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

ツヴィンガー宮殿

e0116578_17252456.jpg
ドイツ東部ザクセン州の州都ドレスデン旧市街にあるツヴィンガー宮殿は、ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世(1670~1733)の祝宴用の建物で、エルベ河畔に展開した王国の栄華をつたえるバロック様式の宮殿である。建築家はアウグスト1世に仕えたドイツの建築家ダニエル・ペッペルマン(1662~1736)。建築史書等では1709年着工の1722年完成とされているが、Architekturführer DRESDEN(ドイツの建築ガイドブック)では1709~1728年と記されている。第2次大戦の爆撃で大きな被害を受けているが、その後の修復で1963年にはほぼ戦前の姿を取り戻したとされている。上の写真は宮殿北西側のヴァル・パヴィリオン。周壁を形づくるギャラリーの屋上へ出るための階段室だが、上階に広間を設けてパヴィリオンの形に設えてある。
下は南西側入り口の王冠門(クローネンツルム)。ちなみに建物を飾る装飾彫刻は、イタリアで14年間彫刻を学んだというバルタザール・ペルモーゼルによるものだそうである。
e0116578_1727124.jpg

e0116578_1733014.jpg
上の写真は宮殿北東部に位置するアルテ・マイスター絵画館および武器博物館を中庭から見たもの。
19世紀に入って、ザクセン王家が収集した美術品を集める場として整備されることとなり、19世紀ドイツを代表する建築家の一人であるゴットフリート・ゼンパー(1803~1879)によって、1849年に新古典主義の様式で完成。ラファエロの「システィーナの聖母」やフェルメールの「窓辺で手紙を読む女」など、多くの名画が鑑賞できる。

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2013-03-18 11:35 | trip photos