works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブハラ (1)/ウズベキスタン
at 2017-12-11 11:10
シャフリサブス/ウズベキスタン
at 2017-11-23 14:40
サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

ケルン大聖堂

e0116578_15554986.jpg

e0116578_1556677.jpg世界最大のゴッシック様式の教会というケルン大聖堂は、ローマ時代からの歴史を誇る文化都市ケルンのシンボルである。その始まりは古く創建は4世紀に遡るが、現在の大聖堂は2代目の聖堂が焼失(1248年)した直後から建設が始められた3代目。建築史書によれば、内陣から起工し1320年に献堂。その後交差廊や外陣に着手するも工事は遅々として進まず、1560年頃に完成した北側廊を除けば、南側廊・西正面・南北鐘塔は資金難のため工事途中で中断。ナポレオン戦争の影響で民族意識が高揚する中、建設途中の大聖堂完成への意識が高まり、1842年に工事を再開し、国家的な努力で1880年に完成した。
規模や平面形はフランスのアミアン大聖堂を原型としているが、大きな違いは外陣の側廊を二重とし、西正面の側廊上に高さ157mの垂直性の強い大鐘塔を建てたことである。第二次大戦で被害を受けたものの外郭の被害は少なく、1956年には復元され、1996年世界遺産に登録されている。
私的な感想をいえば、壮大で圧倒的な迫力はあるが、アミアン大聖堂に見る優雅さは欠けるかも。
写真上はライン川に架かるエンツォレルン橋の袂から大聖堂を望む。左は大聖堂正面。巨大すぎて引きが取れず、満足のいく建築写真を撮るのは難しい。
e0116578_15595082.jpg
上の写真左は正面入り口。研ぎ澄まされたデザインと完璧な施工はいかにもドイツ的だが、どこか冷たい印象は否めない。上右は内部の身廊部分。建築史書でも指摘されているが、教会の巨大さに比して身廊の幅の狭さが気になるところ。しかしながら、世界中からやってくる観光客が大聖堂の威容に感動を覚えるのは間違いない。

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2013-05-20 16:06 | trip photos