works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ウォンディ・ポダン
at 2017-08-09 10:21
ブータン王国/プナカ
at 2017-07-19 09:42
ブータン王国/ティンプー(2)
at 2017-07-01 16:43
ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

ポルト・ドーフィーヌ駅の入口

e0116578_1853353.jpg
ポルト・ドーフィーヌ駅(1903)は、パリ市の北側を半環状線状に巡る地下鉄(メトロ)2号線の西の終端駅。その入口であるこの建築は、フランスのアール・ヌーヴォーを語る上で欠くことのできなない「芸術の建築家」、エクトール・ギマール(1867~1942)のデザイン。初期の代表作である集合住宅カステル・ベレンジェ(1899)で称賛を得たギマールは、1900年、市内の地下鉄入口のデザイン依頼を受けると、鋳鉄製プレハブ工法を導入し、1913年までにじつに140以上もの入口を手掛けた。後にその大半が取り壊されるのだが、その背景には、戦後のアール・ヌーヴォーへの拒絶反応だけでなく、当時の多くの建築家たちが過度な装飾性を嫌い、自らを「芸術の建築家」と呼ぶギマールに対し批判的であったことも一因としてあったらしく、最終的にはデザインの依頼も取り消されたという。
現存する入口のそのほとんどは手摺のみのものが多く、ガラス屋根の付いたオリジナルの入口は、ポルト・ドーフィーヌ駅と、12号線にあるアベス駅のみである。写真のポルト・ドーフィーヌ入口は1983年に撮影したものなので、現在のように入口周辺の整備もされてなく、塗装も昔のままでガラスにも汚れが目立つが、生い茂る草木の中に同化するかのように建つ姿はじつに優美である。

下の写真左側は入口正面。入口の両側と、一番奥の中央に立つ支柱の3本に支えられたガラスの屋根が軽やかに浮遊する。右は現存しないパビリオン風のバスティーユ駅入口の色付け写真(EUROPE:BEGINNING and ENDより)。ブリュッセルの巨匠ヴィクトール・オルタ(アール・ヌーヴォー様式を装飾芸術から建築へ取り込んだ最初の建築家。1861~1947)のタッセル邸(1983)を見たギマールは衝撃を受け、オルタの言葉、「モチーフとして使いたいのは花ではなく茎」を継承し実践していったという。まさに、支柱や方立の水直材は植物の茎のように立ち上がり、上部で枝分かれして小枝を広げている意匠である。
e0116578_18105970.jpg

e0116578_18132592.jpg
上の写真は入口内部で、階段室を取り囲む腰壁とバタフライ状に架けられたガラス屋根。細い茎状の方立に嵌め込まれたオレンジ色の装飾パネルは、セラミック系で量産を図ったものだというが、大きな平板を反りなく、しかも湾曲したパネルも作った、当時のセラミック技術には感心させられる。

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2013-07-30 18:16 | trip photos