works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブハラ (1)/ウズベキスタン
at 2017-12-11 11:10
シャフリサブス/ウズベキスタン
at 2017-11-23 14:40
サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

リスボン大聖堂

サンタ・マリア・マイオール・デ・リシュボアの名が付くリスボン大聖堂は、創建が1147年のリスボンで最も古い教会。初代ポルトガル王であるアフォンソ・エンリケスの命により、イスラムの礼拝堂跡地に建てられた教会である。キリスト教国によるイベリア半島の再征服活動であるいわゆる“レコンキスタ”時代の建築だけに、要塞としての役目も兼ねた後期ロマネスク様式の教会は、その後13世紀の後半にゴシック様式の回廊が設けられ、主礼拝堂もゴシック様式に改造されるなど変遷を重ねたが、1755年の大地震では回廊や主礼拝堂が大きく損壊し、その後の大火で教会は一時廃墟に化したという。後に部分的な修復が進み、主礼拝堂は新古典主義とロココ様式で再建されるが、中世の頃の姿を取り戻すべく、20世紀初頭に装飾のほとんどが取り除かれ、現在のカテドラルとなっている。

e0116578_9333622.jpge0116578_934638.jpg




上の写真左は屋上と塔上の銃眼付き胸壁が要塞を想わせる正面ファサード。
崩れた石を一つずつ修復した様子がよく分かる。
写真右は礼拝堂の内部で、奥にバロック様式?の内陣をみる。

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2014-02-26 09:40 | trip photos