works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブハラ (1)/ウズベキスタン
at 2017-12-11 11:10
シャフリサブス/ウズベキスタン
at 2017-11-23 14:40
サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

リスボン・ベレン地区(サンタ・マリア・デ・ベレン)

e0116578_127071.jpg
かつては大航海時代の基地であり、インド航路を発見しヴァスコ・ダ・ガマの出航地として知られるベレン地区は、リスボンの中心部から西に6kmほど離れたテージョ川沿いに位置し、世界遺産のジェロニモス修道院やベレンの塔で有名な観光地である。また、山の手に広がる高級住宅地を背景に、博物館や美術館などの文化施設も数多く、リスボンでも指折りの文教地区のようである。
上の写真はテージョ川に架かる4月25日橋(40年以上の独裁体制を終わらせた、1974年4月25日の無血軍事クーデター(カーネーション革命)が橋の名の由来)で、対岸のアルマダとリスボンを結ぶ全長2277mの吊り橋。たもとにはリスボン市を一望できる高さ100mにも及ぶクリスト=レイ像が建つ。

ジェロニモス修道院
e0116578_129354.jpg

e0116578_12101924.jpgポルトガル独特ともいえる末期ゴシック建築の典型とされるジェロニモス修道院は、ポルトガル王国の黄金期を築いたマヌエル1世(在位:1469~1521)によって1500年頃に着工され、回廊部分は1517年頃、聖堂部分は1551年頃に主要部分は完成したものの、その後増改築が続き、スペインとの連合など政治的背景もあって、工事は中断することもあり、最終的には完成までに300年ほど有したという。大航海時代の繁栄を象徴するかのような過剰な装飾と、デザインに船具や海産物など、海洋のモチーフが多用されているのが特徴的なこの様式は、マヌエル1世にちなんで“マヌエル様式”とも呼ばれ、ポルトガル全土に多く見る。

写真上は修道院の南側全景。繊細な彫刻が施されたサンタ・マリア教会の先に、修道院の居住部のファサードを構成する柱とアーチが連続する。
写真左は、ヴァスコ・ダ・ガマの棺が安置されているサンタ・マリア教会礼拝堂。椰子の木を模したとされる柱には、海洋のモチーフが模様となって刻まれている。







ベレンの塔

e0116578_1214237.jpgベレンの塔は、大西洋に注ぐテージョ川の河口を守るための要塞建築。マヌエル1世の命により、軍事的建築の専門家であったフランシスコ・デ・アルーダ(エルヴァスのアモレイラ水道橋やエヴォラのアグア・デ・プラタ水道橋の設計者 ?~1547)の設計で1519年に完成。リスボンの港に出入りする船を監視する役目から、砲台や兵器庫や水牢などを備えた要塞だが、その上階には王家の居室なども設けられ、マヌエル様式の装飾をまとった姿は優雅な宮殿の佇まい。司馬遼太郎が「街道をゆく 南蛮のみちⅡ」の中で、“テージョ川に佇みつくす公女のように見えてくる”と表現したことで、日本では「テージョ川に浮かぶ貴婦人」と形容されている。

写真左。ポルトガルの栄枯盛衰を見守ってきたベレンの塔は、その役目も船の監視・貿易船の通関所・灯台など、時代に即した役目を担ってきた。建設時は水位も高く河岸から離れ、川に浮かぶ“ベレンの塔”の様相を呈していたらしいが、水位や流れの変化で岸が近づき、やがて桟橋が架けられた。下の写真は折り紙建築のベレンの塔(中沢圭子作)
e0116578_12165540.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2014-03-27 12:18 | trip photos