works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブハラ (1)/ウズベキスタン
at 2017-12-11 11:10
シャフリサブス/ウズベキスタン
at 2017-11-23 14:40
サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

古都ブラガ

古代ローマのアウグストゥス帝の時代(紀元前20年頃)に建設されたブラガ(ラテン語名:ブラカラ・アウグスタ Bracara Augusta)は、ローマ帝国の行政区となって急激に発展したポルトガル最古の都市の一つ。3世紀末には帝国の属州ガラエキア(現在のスペイン北部の総称)の首都としての地位を与えられ、主教区としてイベリア半島におけるキリスト教化の重要な拠点であったという。中世の時代に大司教区をめぐり、サンティアゴ・デ・コンポステーラ(スペイン北西部の都市でキリスト教三大巡礼地の一つ)と勢力を競い合うほど宗教都市として発展したことから、ブラガには“祈りの町”という呼び名がある。
下の写真は、中世の城壁跡の中に納まるブラガ中心部(Google Earth)。歪な城壁跡の北東部にレプブリカ広場。北西部にペリカン噴水で有名な市庁舎前広場。中央にブラガ大聖堂を見ることができる。
e0116578_8405356.jpg

下の写真の上は、レプブリカ広場にあるアーケードとラパ教会。アーケードの原点は中世の城壁に沿うような形で設けられた商業施設。定かではないが、18世紀初頭には屋根付きの施設となり、同世紀中頃にはブラガで最も賑わう中心的な場所となっていたらしい。アーケードの背後に、1761~1767年頃に建設されたラパ教会は、入口をアーケード中央に設けた珍しい造り。設計は当時の大司教に仕えた建築家アンドレ・ソアレス(1720~1769)。
下の写真の下は、もとは司教の宮殿であったブラガ市庁舎。設計はアンドレ・ソアレスで1754~1765年頃の建設。イベリア半島に於けるバロック様式の建築の最も良い例と言う説もある。
e0116578_844780.jpg

下の写真はブラガ大聖堂の西正面ファサードと礼拝堂内部。キリスト教徒がブラガを奪還(1040年)した後の1071年頃が着工時期とされ、1089年に東側の礼拝堂のみ献堂されたという。その後12世紀に入って建設が再開され原型が構築されたが、時代の変遷と共に重ねた改修は、ロマネスク、ゴシック、マヌエル、バロックの様式が混在した建築を創りだす。
e0116578_8462562.jpg

ボン・ジェズス・ド・モンテ教会
e0116578_8494475.jpg

e0116578_8502713.jpgブラガの中心部から東に6kmほどの郊外にあるボン・ジェズスは、標高410mの丘の斜面に広がる巡礼の聖地で、バロック様式のジグザグ状階段が印象的。キリスト教以前からの宗教的場所であったこの地に、初めて礼拝堂が設けられたのは14世紀頃とされ、17世紀の前半には六つの礼拝堂を持つ巡礼教会となっていたようである。
現在の聖域は、大司教ロドリゴ・デ・モウラテレスの依頼を受けた、建築家で軍事技術者のマヌエル・ピント・デ・Vilalobos(~1734)により1723年に着工されたもの。聖域の整備は18世紀を通じて進行していくが、1781年頃、大司教ガスバル・デ・ブラサンガが、最上部の階段と新しい教会の建設を決めて聖域の完成とした。
階段はジグザグ状を継承し、古い教会を取り壊した跡には、建築家カルロス・アマランテ(1748~1815)によるネオクラシズム様式の新しい教会(1784~1811)が建てられた。
上の写真は、教会へのアプローチを構成するダイナミックなバロック様式の階段と、霧で霞む教会の鐘塔。左の写真はジェズス教会正面ファサード。


toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2014-05-28 08:55 | trip photos