works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27
ブータン王国/パロ(2)
at 2017-05-30 17:28
ブータン王国/パロ(1)
at 2017-05-16 09:32
アル・ケ・スナンの王立製塩所
at 2017-01-29 10:41

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

クリスチャン・サイエンス・チャーチ・センター

e0116578_1631995.jpg
I・M・ペイ&パートナーズの設計で1973年に竣工したクリスチャン・サイエンス・チャーチ・センターは、1894年に完成したクリスチャン・サイエンス (1879年にマサチューセッツ州ボストンに創設されたキリスト教系の新宗教で、“科学者キリスト教会”とか“キリスト教科学”と称され、世界各地に数多くの支教会がある) のマザー・チャーチを中心とする地区の再開発で、ハンチントンとマサチューセッツという二つのアベニューに跨る巨大な空間に展開する。
古い教会と新しく建設される建築を一体化するための仕掛け、“リフレクティング・プール”と呼ばれる地下駐車場の上に設けられたプールが、この再開発事業における核となる部分。矩形のプールを取り囲むように設けられた日曜学校、コロネード、管理棟などの建物と、センターのマザー・チャーチを水面に映して視覚的、空間的な統合を図っている。新築された建物は全て打放しのコンクリートで、マザー・チャーチの石灰岩の色に調和するよう、質感や色の配慮がされているらしいが、それぞれの建築形態だけ見てみると、コロネード以外の建築からI・M・ペイの作品という印象はあまり感じられない。
上の写真は、鏡のような水面にその姿を映すマザー・チャーチとコロネード。「水というものは、現実を映し出し、その意味を高める力をもった存在である。然るにクリスチャン信仰の一部分として象徴的な役割を担うところまで展開していった」。設計者の設計趣旨の中の一文である。
下の写真左上は、プールの端に建つ1/4平面の日曜学校。左下は日曜学校側からマザー・チャーチとコロネードを望む。下右は、プールを挟んで建つコロネードと高層の管理棟を日曜学校側から見る。
e0116578_1683648.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2014-09-19 16:09 | trip photos