works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブハラ (1)/ウズベキスタン
at 2017-12-11 11:10
シャフリサブス/ウズベキスタン
at 2017-11-23 14:40
サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

タージ・マハル廟

アーグラ城から2kmほど下ったヤムナー川沿いに建つ、ムガル朝絶頂期の建築であるタージ・マハル廟(1654)は、建物全体を白大理石で覆い、随所に精巧な象嵌細工を施した巨大な宝石を想わせる建築で、世界一美しい墓廟とも称されている。第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃ムムターズの死を悼み永遠の記念として建てられた話が通説だが、建物の壁や天井に刻まれた文字の正確な解読ができたとされる近年の研究によると、ムガル皇帝の権勢と“インド宇宙”との遭遇を凝縮した形で示したものという新説もある。
何れにしても22年の歳月と莫大な費用をかけて建てられた白亜の廟は壮大にして優美。
廟がチャハルバーグ(四分庭園)の中心にあるデリーのフマユーン廟とは違い、庭園の北端に廟を建てて楼門からの距離をとることで視覚的効果を高め、泉水にその姿を映してさらなる美しさを演出。
e0116578_8312359.jpg

e0116578_8344277.jpg上の写真は庭園中央から見る廟正面。方95m高さ7mの基壇上の四隅には、高さ49mの円形断面のミナレットが建ち、基壇中央の玄室上部に、高さ65mのドームを戴く隅切方形平面の建物が建つ。デリーのフマユーン廟と同じく、中央八角形の墓室には模棺(セノタフ)が置かれている。

左の写真は、16分割庭園の中央にある泉水に姿を映すタージ・マハル廟。


下の写真は赤砂岩で造られた廟への入口となる高さ30mの大楼門。大小のイワーン(ペルシャが起源とされるイスラム建築要素の一つで、ファサードにアーチ状の開口を造り、三方は壁で天井は開口と同じ形状のアーチ型を持つ半屋外空間)で構成された楼門の入口アーチが、遥か300m先の廟のアーチに重なる。
e0116578_8403898.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2015-06-24 08:41 | trip photos