works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57
ブータン王国/ウォンディ・ポダン
at 2017-08-09 10:21
ブータン王国/プナカ
at 2017-07-19 09:42

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

テヘラン/四半世紀前のイラン

1990年の4月、日本建築学会アジア建築交流委員会による、ペルシャ建築・集落・都市視察団に加わり、イラン中央部の北から南に点在する歴史的な都市や集落を訪れた。世界を驚かせたイスラム革命(1979年2月)後に起こった、イラン・イラク戦争(1980~1988)が終結して間もない時期であっただけに、テヘランでは戦後の復興はまだこれからといった状態であった。市街の至るところで中断した工事現場が目に付き、イスラエルやアメリカを糾弾するプロパガンダ目立ち、イスラム革命防衛隊なる組織(軍隊)の監視の目を気にしながらの旅だったことを思い出す。おそらく現在のイランとは隔世の感があるとは感じているが、基本的なところでは四半世紀前の姿と大きくは変わってないのではと思い、フィルム写真をパソコンに取り込みながら、異文化の建築に触れた時の感動を想い起している。
e0116578_10412827.jpg
イラン(イラン・イスラム共和国)の首都テヘランは、イラン中北部に位置し、アルボルズ山脈(エルブルズ山脈)の南麓、標高約1200mの扇状地上築かれた都市。サファヴィー朝(1501~1736)の初めに周囲8kmほどの市壁が巡らされた都市が築かれたが、この時代は軍の駐屯地にすぎず、本格的な町の発展は、1786年カージャール朝(1796~1925)がここに首都を移してからのこと。人口の増加に伴い市街地が拡張され、1871年頃には周囲18㎞の新たな市壁が巡らされた都市になったようだが、その後は産業や社会構造に特段の変化も無く、中世的なイスラム都市に留まっていたという。クーデターによってパフラヴィ朝(1925~1979)を開いたレザー・シャー・パフラヴィは、イランの近代化政策を急速に推し進め、1934年テヘランの都市改造にも着手。第2次大戦後には100万都市の仲間入りを果たすが、あまりにも急速な近代化は“脱イスラム化”を国民に強要するかたちとなり、結果強い反発が生じて王政打倒運動へと発展し、1979年ついに国王の国外退去で王朝は終焉。

e0116578_1045484.jpg入れ替わりに国外に追放されていた宗教指導者ホメイニ師が15年ぶりに帰国し、イスラム共和国の設立を宣言する。その間にも首都テヘランの人口は増加を続け、やがて都市化現象がおおきな社会問題となってくる。

上の写真は、アルボルズ山脈(エルブルズ山脈)の南麓に広がるテヘラン新市街を望む。当時は山の頂まではっきり見渡せるほど空気は澄み渡っていたが、近年のテヘランの大気汚染は深刻。昨年の12月にはPM2.5の指数が大幅に増加し、3日連続で市内の学校の休校と、住民に屋内退避を勧告するほどの事態になっている。

左の写真は、宿泊したホテルから見た北東方向(上)と東南方向(下)の市街。現在はかなりの数の高層ビルが建っているようである。
e0116578_10583450.jpg
上の写真は、中心街にあるマスジェデ・モタハリ(旧セパサラール・モスク)。カージャール朝時代の1830年に建てられたもので、6本のミナレットとモザイクタイルが美しい。
下の写真は、市域南東部のバザールに程近い下町の通り。朝の穏やかな陽の中で、登校のバスを待つのかチャドルを纏った親娘?の姿が微笑ましい。
e0116578_110773.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2016-01-22 11:02 | trip photos