works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27
ブータン王国/パロ(2)
at 2017-05-30 17:28
ブータン王国/パロ(1)
at 2017-05-16 09:32
アル・ケ・スナンの王立製塩所
at 2017-01-29 10:41

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

ゴム/四半世紀前のイラン

テヘランから南に車で約135kmにあるゴム州の州都ゴムは(かつて日本では「コム」と表記されていた)、イスラム共和制のもとで革命を主導してきた宗教保守派の牙城と言われている宗教都市。十二イマーム派(歴史上12人のイマーム(指導者)が現れたシーア派諸族の中で、最も信者数が多いとされる最大派)の第8代イマーム・レザー(765~818)の妹ハズラテ・マアスーメがこの地で客死したことで廟が造られると、シーア派の巡礼地として発達。廟に付属して設けられたホウゼ(聖職者を養成する宗教学校)はこの地域の十二イマーム派における教学の核となり、サファヴィー朝になって十二イマーム派が国教化されると、その保護のもと隆盛を極めたゴムは、シーア派の人々にとっての聖地の一つとなっていく。
18世紀頃、イラクのナジャフ(バグダットの南約160kmに位置し、シーア派の初代イマームであるアリーの墓廟がある)が聖地として重要な巡礼地になると、ゴムは相対的に目立たない存在になっていったらしいが、イラクの社会情勢の変化に伴いナジャフが衰退。代わって1921年にゴムに創設されたホウゼ・ウルミーエ・ゴム学院の活動によって、ゴムは十二イマーム派教学の中心地として復活し、いまでは教学を学ぶ多くの留学生が訪れる国際宗教都市となっている。この学院で学び、教鞭を執ったイラン・イスラム共和国の最高指導者であるホメイニ師は、革命後の一時期、国政をゴムから司っていた。
e0116578_1422353.jpg

e0116578_143597.jpg上の写真はハズラテ・マアスーメ・モスク前の広場。左の写真はモスク入口から覗いた、聖域ハズラテ・マアスーメ・モスク。現在は観光客も入れるようだが、当時は異教徒の立ち入り厳禁。街の雰囲気は、写真を撮るのも憚れるほどの緊張感を感じた時代。下の写真はテヘランから通じる道路上から遠望したゴムの街。イスラエルとアメリカを糾弾する看板はどこでも目に付いた。更に下の写真は、ゴムからカシャーンに向かう途中の荒漠たる風景。
1880年(明治13年)、外務省理事官としてペルシャ(1935年イラン国名改称)に派遣された吉田正春(土佐藩の参政吉田東洋の長男1851~1921)の見聞記「回疆探検・波斯之旅」には、当時のゴムの様子が次のように記述されている。
「コムは砂漠に突出せる一山脈西端にして、その城市の高所は鉄漿色(お歯黒色のこと)の岩石に囲繞せられ、低所は赭色(赤土)の瓦屋参差(不揃いの瓦屋根が入り混じっている様)として、四、五千の人口あり。・・・・・市城の小なるに比し寺院は極めて宏壮にして、城の外垣は全くこの寺院を囲い込むために設けたる如き観あり。」
e0116578_1472557.jpg
e0116578_1475968.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2016-02-04 14:12 | trip photos