works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57
ブータン王国/ウォンディ・ポダン
at 2017-08-09 10:21
ブータン王国/プナカ
at 2017-07-19 09:42

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

イスファハーン(2)/四半世紀前のイラン

金曜モスク(マスジェデ・ジャーメ)
e0116578_1661968.jpg
イランにおけるモスク建築の歴史を体現していると言われる金曜モスクは、8世紀後半に他のモスクの説教壇がこの地に移送されたのが始まりとされるイスファハーン最古のモスク。
最も初期の形態は定かではなく、長年に渡って増築・改築・修復を繰り返してきたため、建物のどの部分がいつの時代のものかという特定が難しい複雑な歴史を持っている。だがその主要部分と基本的構成は11世紀~12世紀に造られており、セルジュク朝時代の代表的な建築であるとともに、各時代の様式が見られる博物館的な建築と言われている。
上の写真は、中央に礼拝者が身を清めるための泉水が設けられた約60m×70mの中庭で、東南側イワーン(左)と南西側イワーン(右)を望む。南西側イワーンの両側に建つミナレットは、1475年の修築時に付加されたものとされている。下の写真は東南側イワーンと回廊詳細。
e0116578_168140.jpg
e0116578_169852.jpg
上の写真左は、南西側回廊内部。中庭を囲む回廊は列柱とドーミカル・ヴォールト(ドーム状ヴォールト)が連続する空間。煉瓦造の円形柱を方眼状に配し、それらの頂部を尖塔アーチで繋ぎ、区画毎に多様な形式やデザインの煉瓦化粧積みのドーミカル・ヴォールトが架かる。
上の写真右は西北側イワーンのミフラーブ。イルハン朝の第8代君主オルジェイトゥ・ハン(在位1304~1316)による建立とされ、精緻な文様が漆喰で造られている。

バザール
e0116578_16115299.jpg
e0116578_16135996.jpg中東におけるバザールの中で最大規模をほこるイスファハーンのバザールは、旧市街中心部にある金曜モスクとイマーム広場を結ぶ全長2kmにもおよぶ歴史ある市場。
セルジュク朝の11世紀~12世紀頃には、金曜モスク周辺にバザールは存在しており、サファヴィー朝のアッパース1世による新市街の建設後に規模は拡張し、交差する通りや並行する通りにも店舗や商人の住宅が増え、隣接して遠隔地交易のためのキャラバンサライ(宿泊施設)や倉庫やハマーム(公衆浴場)などが設けられ、大バザールを含む旧市街が形成されてきた。
上の写真は、金曜モスクに近い古いバザール(左)と、イマーム広場に近い比較的新しいバザール。薄暗い通りに降りそそぐ天窓からの光はまるでスポットライト。幻想的だが埃っぽいのも事実。
左の写真は、バザールの屋根に近い開口部から覗いた通り。
下の写真は、バザールに隣接して設けられたキャラバンサライ。最大時には100を超えるキャラバンサライがあったという。
e0116578_1619563.jpg

チェヘル・ソトゥーン宮殿
e0116578_16204454.jpg
イマーム広場の西側一帯はサファヴィー朝の王宮で占められていた地域で、アッパース1世の時代には既に宮殿や庭園が造られていたが、このチェヘル・ソトゥーン(40本の柱)はアッパース2世によって1647年に建てられたもの。
建物の後半分に煉瓦造の広間と小部屋を対称形に配し、前面には木造の広いターラール(ポーチ)が設けられた平面構成。特徴的なターラールは、木製の水平天井を細くて高い木柱が支え、柱頭に施された装飾と、繊細な幾何学模様の彩色で覆われた天井が美しく、宗教的建築には見られない瀟洒な雰囲気がある。柱は実際には20本しかないが、池に映ずる柱を加えての40本が宮殿の名となっている。
上の写真は、池越しのチェヘル・ソトゥーン宮殿。砂漠の民であるペルシャ人にとって、水と緑は最高の贅沢でまさに楽園=パラダイス。ちなみに “パラダイス“の語源はペルシャ語だそうである。
下の写真は宮殿正面。中央の光ったところは鏡貼りのイワーンで、ムカルナス装飾は黄金色と鏡を鏤めた壮麗な美しさ。さらに下の写真は、ターラールの柱の柱頭飾りと天井装飾。
e0116578_16231786.jpg

e0116578_9425259.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2016-03-27 16:24 | trip photos