works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブハラ (1)/ウズベキスタン
at 2017-12-11 11:10
シャフリサブス/ウズベキスタン
at 2017-11-23 14:40
サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

ブータン王国/パロ(2)

パロ・ゾン
ブータンは現在20の県(ゾンカク)に分かれていて、県庁には基本的にゾン(チベット文化圏多く見られる城砦建築)があり、行政庁舎と僧院を兼ねた聖俗両方の中心として機能していることが多い。パロ谷を見下ろす山腹に建つパロ・ゾン(正式名リンプン・ゾン)も、パロ県の県庁であり多くの僧が修行する寺院でもある城砦建築で、リンプン・ゾンとは宝石の山の城という意味だそうである。創建は15世紀とされているが、現在の姿は20世紀初頭の火事で焼失した後に再建されたものである。下の写真はパロ・ゾンの全景で、奥にかつての望楼であるタ・ゾンを見る。チベット・ラサのポタラ宮を彷彿させるが、一説には、ポタラ宮の増築時にパロ・ゾンも参考にされたという説もある。
e0116578_1710614.jpg

e0116578_1711398.jpg左の写真はパロ・ゾンへ通じる道に架かる橋の外観と内観。
架構方法が珍しく、山梨県大月市の桂川に架かる猿橋と同じ刎橋(はねばし:川の両岸にと呼ばれる角材を斜めに差し込んで中空に突出し、その上に重ねて同様の刎ね木を少し長く突出してこれをくり返し、対岸からの刎ね木と結合させたところで上部構造を組み上げるという、柱脚をつくらない架橋技術)で、現存する木造の屋根付き刎橋はめずらしい。
橋の上は一時の憩いの場にもなっている。
ちなみに、猿橋は鋼製の桁材に木材を貼り付けて、江戸時代の構造を復元したものである。





下の写真はパロ・ゾンの入口。
e0116578_17222499.jpg

e0116578_17241214.jpg
上の写真は、パロ・ゾンの上に立つかつての望楼(タ・ゾン)で現在は国立博物館。めずらしい円形の建物で、山側上部のブリッジを渡って入り、展示物を見学しながら下りて行く。
下の写真は、チベット仏教には欠かせないマニ車が設えてある出口。
さらに下の写真は、博物館を出ると眼下広がる美しいパロ谷の風景とパロ・ゾン。
e0116578_1726141.jpg
e0116578_172706.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2017-05-30 17:28 | trip photos