works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ウォンディ・ポダン
at 2017-08-09 10:21
ブータン王国/プナカ
at 2017-07-19 09:42
ブータン王国/ティンプー(2)
at 2017-07-01 16:43
ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

中世の山岳小都市

イタリア各地の山岳地に数多く点在する中世の小都市や集落は、その多くが、地勢に沿った形で発生した集落が増殖を繰り返しながら発展し、不規則で変化に富んだ都市の形態を造りだしている。特異な地形と高密度の建物群が創りだす彫刻的な景観と、路地と建物が絡み合う迷宮状の空間は多くの人々を魅了する。

ボマルツォ
e0116578_9535940.jpg
怪物庭園で有名なボマルツォは、古くはエトルリアの都市であったという小さな村。ラツィオ州ヴィテルボ県の県都ヴィテルボの東北東15kmほどの所に位置し、街はテベレ川沿いに連なる稜線上に築かれている。オルシーニ家(中世ローマの有力貴族)の領地であったボマルツォは、尾根の先端に建つオルシーニ家の宮殿を取り巻く建物と、尾根伝いに増殖した家々で形成されている。
上の写真はボマルツォ遠望。下の写真は、オルシーニ宮殿から眺めた尾根状に連なる家並みと、長閑なメインストリートの佇まい。
e0116578_928204.jpg
e0116578_929072.jpg


カルカータ
e0116578_9315199.jpg
ヴィテルボの東南東45kmほどに在る山岳都市カルカータは、周囲を切り立つ崖に囲まれた小さな台地上に築かれた集落。ローマからも近く(約40km)、山岳都市の写真集などで取上げられることも多い有名な村だが、1930年には、崖が崩落する危険性があるとして、崖の上の旧市街地は廃墟となった時期もある。後に、ここの景観に魅せられたアーティスト達が移り住み、自分達の手で街の復旧に努め、また旧市街を救う法令が1993年に出されたことも手伝って、カルカータの街は奇跡的に甦った。
写真上は深い渓谷から突き出た岩場と同化したような景観を見せる集落。写真下は街中の風景。小さな広場(上)と地下室のある民家(左)と小さな教会(右)
e0116578_9334770.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2012-09-17 09:36 | trip photos

バニャイアのヴィラ・ランテ

ヴィラ・ランテは、オルヴィエートとローマの中程に位置する、ヴィテルボの郊外バニャイアにあるイタリア式の庭園である。 当初は、この地の司教たちが利用する狩場の休息小屋として建てられたというが、後にヴィテルボの司教の別荘として、当時の統治者ジャン・フランチェスコ・デ・ガンバラ枢機卿が、建築家ジャコモ・バロッツィ・ダ・ヴィニョーラ(16世紀マニエリスムを代表するイタリアの建築家の一人。代表作にローマのイエズス会の本部聖堂であるイル・ジェズ教会や、カプラローラのヴィラ・ファルネーゼなどがある。)に設計を依頼。このとき自分の着想を具体化し独創性を付与する計画を託したという。1566年から約20年の歳月をかけて一応の完成をみたが、ガンバラ枢機卿の計画全体が完成するまでには、幾人かの枢機卿たちの所有を経ていた。ちなみに、ヴィラの名は1857年から所有を託されたランテ家の名を残している。
e0116578_10564118.jpg

e0116578_1057423.jpg

山の傾斜を利用して形の異なるテラスを設け、各テラスに多種多様な樹木や、彫刻を施した多くの噴水を配しながら、自然の緑と建物を背景に、調和のとれた美しい庭園を造りだしている。

上の写真は中段の噴水越しに一番下の主庭園を見る。
左の写真は噴水と噴水を結ぶ小川のような「鎖の泉」。






下の写真は約50m四方の主庭園と、中世の面影を残す
バニャイアの家並み。
その下は主庭園の特徴でもある迷路状の柘植の刈込と
ガンバラ館を見る。

e0116578_1142379.jpg
e0116578_1144239.jpg
toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2012-09-07 11:15 | trip photos

オルヴィエート

オルヴィエートはイタリア中部のウンブリア州の西端にある小さな町。旧市街は切り立つ丘の上に築かれているため、天然の城壁に囲まれた要塞都市の様相を呈している。歴史は古く、紀元前のエトルリア人の都市が始まりとされ、往時の遺跡も数多く地下に残る。現在の旧市街は、大聖堂前の広場へと続く細い坂道に13~16世紀頃の建物が連なり、中世さながらの雰囲気を見せている。
e0116578_96825.jpg
上の写真は大聖堂とその内部(入口側)。13世紀末から14世紀半ばにかけて建造された大聖堂は、当初はロマネスク様式で建て始められたが、最終的には正面ファサードをゴシック様式で装飾したいわゆるファサード建築なので、建築全体として見ると多少違和感があるが、気が遠くなるような時間を費やして完成した壮麗な外観には只々感嘆。近年、大聖堂内部は有料化されたらしいが、小さな町でこれだけの建築を維持していくためには致し方ないのかな?
下の写真は、街の水源確保が目的で造られた“サン・パトリツィオの井戸”。16世紀にメディチ家出身の教皇クレメンス7世の命により、フィレンツェの建築家アントニオ・ダ・サンガッロ・イル・ジョヴァネ(盛期ルネッサンスを代表する邸宅建築であるローマのパラツッオ・ファルネーゼの設計者で軍事技術者)が完成させた。凝灰岩を地下62mまで掘った井戸の周囲には248段の二重螺旋の階段が廻り、井戸に入る光を窓状の開口から採り入れる構造になっている。
e0116578_974877.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2012-09-01 09:09 | trip photos