works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57
ブータン王国/ウォンディ・ポダン
at 2017-08-09 10:21
ブータン王国/プナカ
at 2017-07-19 09:42
ブータン王国/ティンプー(2)
at 2017-07-01 16:43

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

プラハ市民会館

e0116578_1074048.jpg
共和国広場に建つこの建物は、プラハ観光の目玉の一つで、有名な「スメタナ・ホール」や展示場・レストランなどを擁する複合文化施設。1906年に着工され1912年の完成。折しもオーストリア・ハンガリー帝国の崩壊目前の時期、プラハは帝国下最大の工業都市として栄える一方で民族主義に沸きたっていたという。そんな時代背景のなかで造られた市民会館は、チェコを代表する有能な芸術家たちが結集し、おそらく掛かったと想像する多額の工事費と7年の工期をかけて完成。ネオ・バロック様式の外観に、装飾過剰とも思えるアール・ヌーヴォーの華麗な内装は、当時のチェコ社会の経済・文化両面における高揚を体現した建築なのである。独立後、臨時の国会議事堂として憲法など基本的な法律がここで制定されている。
建築家はオズワルド・ポリーフカ。プラハの建築ガイドブックを見ると、市内には同時期に設計した建物が数棟あることから、彼の当時の活躍ぶりが窺える。
写真下左は1918年10月28日チェコスロバキア連邦共和国の独立を宣言したバルコニー。背後のモザイク画は「プラハ礼賛」。アーチ部分の金文字は「プラハに栄えあれ!時の流れをものともせず、すべての紆余曲折に耐えてきたように」という意味だそうである。下右は平面図と断面図。
e0116578_1095313.jpg
toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2013-02-09 10:11 | trip photos

プラハ城

e0116578_9394636.jpg
ヴルタヴァ川西岸のフラッチャニの丘に建つプラハ城は、かつてのボヘミア王国や神聖ローマ皇帝の居城であり、現在はチェコ共和国の大統領府が置かれている。世界でも最大級の大きさを誇るプラハ城の始まりは9世紀。領主が代わるたびに拡張され、ボヘミア王カレル1世(神聖ローマ皇帝カール4世)によって大規模な改築が行われた14世紀半ばには、ほぼ現在の規模に近づき、城砦としても強化されたという。聖ヴィート大聖堂をはじめ聖イジー教会や宮殿など多くの建物がある城内は、建築・改築時の多様な建築様式が混在し、旅人を千年の歴史の世界に誘ってくれる。
上の写真はペトジーン公園内の旧テレビ塔から眺めたプラハ城。下は大統領府。
e0116578_9435221.jpg

聖ヴィート大聖堂
e0116578_94629.jpg
プラハ城内に建つ聖ヴィート大聖堂は、925年に建設された初期ロマネスク様式の小さなロトンダが始まりで、後にプラハに司教区が置かれた(1060年)ことから、ロトンダの一部を取り込んだロマネスク様式の大きなバシリカが建設された。現在のゴシック様式の大聖堂の建設は、カレル1世が呼び寄せたとされるフランスの建築家(アラスのマティア?)が基本計画を作るも、1352年にこの世を去り、工事は内陣の一部が完成したのみ。後を任されたのがペトル・パルレーシュ。若干23歳の時というから驚きである。当初は前任者の未完の部分を完成させ、やがて自身の構想をもとに仕事を続けたという。彼の死後(1397年)、息子達とパルレーシュの工房で進められた工事も宗教改革に伴う騒動(フス戦争)で停止。以後も長きに亘って混乱期が続いたこともあり、本格的な工事の再開は「聖ヴィート大聖堂を完成させる連合」が結成(1844年)されて以降であった。じつに完成までには600年という長い時間を経て1929年に完成。建築様式の混在はあるものの、修復にはペトル・パルレーシュのデザイン要素が踏襲されたため、統一感のある建築となっている。
上の写真は大聖堂を南西側から見たもの。ゴシックの大塔にバロックの尖塔が付く。

e0116578_1684842.jpg
左は大聖堂正面(西面)。盛期ゴシック様式の二つの塔は1873年、「聖ヴィート大聖堂を完成させる連合」の提唱者でもある建築家ヨゼフ・クランナーの死後、再建を引き継いだ建築家ヨゼフ・モッカーの設計で、大聖堂の再建修復に携わった最後の建築家カミル・ヒルベルトによって完成。









下は大聖堂内部。天井の高さ34m、幅60m、奥行124mの巨大空間。網目状に交差する美しいリブヴォールトの天井は、パルレーシュのヴォールトとも呼ばれる。

e0116578_9523741.jpg
toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2013-02-03 09:57 | trip photos