works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57
ブータン王国/ウォンディ・ポダン
at 2017-08-09 10:21
ブータン王国/プナカ
at 2017-07-19 09:42
ブータン王国/ティンプー(2)
at 2017-07-01 16:43

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カレヴァ教会

e0116578_939466.jpg
タンペレ市カレヴァ地区の緩やかな丘の頂に建つこの教会は、フィンランドの代表的建築家の一人でもあるレイマ・ピエティラ(1923~1993)とその夫人であるライリ・ピエティラ夫妻の設計である。1959年の設計競技で49案の中から選出され、1964年に着工、1966年に完成した教会は、シェル状に湾曲した幾枚ものコンクリートの外壁が、古いキリスト教のシンボルである“魚の形”が連想される平面形を形づくり、そのまま30m近く立ち上がってスカイラインとして表れる建築である。タンペレのランドマーク的建築の一つでもある教会はロケーションが素晴らしく、丘の上にそそり立つ姿は、設計条件でもあった“記念碑的な建築”として見ることができる(写真上)。私感だが、遠見の記念碑的な印象が、外壁のタイル目地が目につく近さに寄ると少し違和感を覚える。彫刻的なシルエットにタイル貼りという仕上げが、果して最良だったのだろうか?と思ってしまう。
下の写真は礼拝堂内部。打継跡のない聳えるコンクリート壁の素材感と、床から天井まで続くスリットからの光が、垂直性の強い神の空間を創出する。ピエティラが設計段階から意図していたのかは分からないが、コンクリート工事では、当時普及し始めて間もないスリップフォーム工法(スライディングフォーム)が用いられている。ちなみに祭壇の木製のレリーフはピエティラのデザインで、旧約聖書の1書であるイザヤ書の「傷ついた葦」がモチーフとなっているとのこと。
e0116578_9434048.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2013-09-24 09:45 | trip photos

メスキュラの古い教会

e0116578_9353287.jpg

“Messukyla Old Church”と呼ばれているこの小さな教会は、フィンランド第3の都市タンペレ東部のメスキュラという地域にあり、タンペレでは最も古い建築とされている。創建時(15世紀中頃)は木造の教会であったらしいが、現在の石造りの教会は1510~1530年の間に建てられたものがベースとなっている。
資料不足で確認はできていないが、当初の石造建築という計画は、資金が足りず2階部分から上が木造に変更されたと言われている。1879年、地域に新しい教会が建設されると、この教会は放棄され、1907年までは干し草の収積場所として利用されていたそうだが、その後整備され、いまでは結婚式の教会として人気を博しているという。
上の写真は、一見しただけでは教会とは思えない素朴な外観。
下は内部。外観からは想像していなかった空間にびっくり。石と漆喰、それにゆるやかに湾曲した木の天井が創りだす空間は、手仕事の飾らない美しさに満ち溢れていた。
e0116578_175569.jpg

e0116578_1756286.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2013-09-11 17:56 | trip photos

グルンドヴィ教会

パイプオルガンのようなファサードが特徴的なグルンドヴィ教会は、20世紀初頭にヨーロッパで見られた、いわゆる表現主義建築(第1次大戦終結後の頃にヨーロッパに起こったデザイン流派の一つ。当時の社会矛盾を反映した思潮・主義に対する反動から、作者個人の主観を強烈に表現した斬新なデザインが特徴的)の教会で、コペンハーゲン中心部から北西よりに5kmほど離れたビシュペビャー地区に建つ。
e0116578_836147.jpg

e0116578_14152100.jpg設計は画家で建築家のペーダー・ヴィルヘルム・イェンセン・クリント(1853~1930)。1913年にコンペで勝ち得るも、着工は第1次大戦終了後の1921年。工事はイェンセンの存命中には完成することなく、息子のコーア・クリント(デンマーク近代家具デザインの父とも称される北欧デザインの巨匠。1888~1954)に引き継がれ、1940年に完成を見る。ちなみにイェンセン・クリントは、折り紙風のランプシェードで有名な照明器具“LE KLINT”の生みの親でもある。
上の写真は広大なビシュペビャー墓地から眺めたグルンドヴィ教会。左は教会の西正面。特徴的な階段状切妻でジグラットのような形は、50歳を過ぎて建築を始めたイェンセンの、バルト諸国における煉瓦造りの構造研究に専念した結果生み出された形態か。下左は堂内部。デンマークの建材である淡黄色の煉瓦仕上げの堂内は、簡素で爽やかな印象。右は堂内入口側上部に設えられた巨大なパイプオルガン。
教会の椅子は息子コーア・クリントのデザイン。
e0116578_1444112.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2013-09-01 09:01 | trip photos