works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ウォンディ・ポダン
at 2017-08-09 10:21
ブータン王国/プナカ
at 2017-07-19 09:42
ブータン王国/ティンプー(2)
at 2017-07-01 16:43
ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

リスボン大聖堂

サンタ・マリア・マイオール・デ・リシュボアの名が付くリスボン大聖堂は、創建が1147年のリスボンで最も古い教会。初代ポルトガル王であるアフォンソ・エンリケスの命により、イスラムの礼拝堂跡地に建てられた教会である。キリスト教国によるイベリア半島の再征服活動であるいわゆる“レコンキスタ”時代の建築だけに、要塞としての役目も兼ねた後期ロマネスク様式の教会は、その後13世紀の後半にゴシック様式の回廊が設けられ、主礼拝堂もゴシック様式に改造されるなど変遷を重ねたが、1755年の大地震では回廊や主礼拝堂が大きく損壊し、その後の大火で教会は一時廃墟に化したという。後に部分的な修復が進み、主礼拝堂は新古典主義とロココ様式で再建されるが、中世の頃の姿を取り戻すべく、20世紀初頭に装飾のほとんどが取り除かれ、現在のカテドラルとなっている。

e0116578_9333622.jpge0116578_934638.jpg




上の写真左は屋上と塔上の銃眼付き胸壁が要塞を想わせる正面ファサード。
崩れた石を一つずつ修復した様子がよく分かる。
写真右は礼拝堂の内部で、奥にバロック様式?の内陣をみる。

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2014-02-26 09:40 | trip photos

Casa dos Bicos(くちばしの家)

e0116578_1533777.jpg
リスボンの海への玄関口ともいえるコメルシオ広場の北東400m程のところにあるこの邸宅は、ポルトガルの2代目のインド総督を務めた、アフォンソ・デ・アルブケルケの息子ブラジャー・デ・アルブケルケにより1523年に建てられた。ルネッサンス様式のファサードは、全面を四角錘の突起がついた石で覆われているところから、”くちばしの家“とか”ダイヤモンドの家“などと呼ばれている。
1755年のリスボン地震で2階以上が崩壊し、200年以上は2階建てのままで倉庫として利用されていたそうである。1960年頃にリスボン市の所有となり、1980年代になって、1700年代のデッサンや絵画をもとに復元され、現在はリスボン市の歴史的建築物の一つになっている。2012年の6月から、曜日と時間を限っての一部公開もされていると聞く。
e0116578_1456377.jpg

e0116578_9114323.jpgちなみに、このcasa de Bicosのお手本になったとされている建物が北イタリアのフェラーラにある。
現在はフェラーラ国立美術館(写真左:フェラーラ市のHPより)となっている“パラッツオ・ディ・ディアマンティ”(15世紀後半)。
四角錘の突起が付いた白大理石をダイヤモンドに見立てたことからディアマンティ(ダイヤモンド)の名がついている。
またスペインのセコビア旧市街にも、casa de los picosという名の付いた同様の外装を持つ建物があるそうである。



toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2014-02-16 15:20 | trip photos

アルハンブラ宮殿

1975年の3月、グラナダの工房でギター制作を学んでいた友人を訪ねたおり、念願のアルハンブラ宮殿を見学した。若い頃よく聞いていた、フランシスコ・タレガ(1852~1909)の傑作「アルハンブラの思い出」の哀愁をおびた旋律にイマジネーションが膨らみ、いつの日か訪れてみたい場所の一つになっていた。
e0116578_11174040.jpg

e0116578_9594988.jpgアラビア語で“赤い城”を意味するアルハンブラは、古都グラナダの小高い丘に展開する城塞の中の宮殿で、スペイン最後のイスラム王朝であるナスル朝(1232~1492)の王宮である。歴代のカリフ(ムハンマドの後継者として、全イスラム教徒の指導者であり、政治的指導者の呼称)によるイスラム建築の粋を尽くした装飾技巧の極致ともいえる宮殿は、レコンキスタの荒波を受けてなおこの地に残った輝かしいイスラムの遺産であり、スペインが世界に誇る文化遺産の一つ。
写真上と左は宮殿の中心ともいえる二つの中庭の一つ“ミルトのパティオ”。長さ36.5m幅23.4mの中庭中央に配された池の左右にあるミルト(桃金嬢・天人花)の植込みがパティオの名称になっている。ユースフ1世(1333~1354)の時代に造られたとされ、アラヤネス・コマレス・アルベルカのパティオなどの別称がある。





写真下はミルトのパティオと鉤手をなして配されているもう一つの中庭“獅子のパティオ”。イスラム宮殿建築の珠玉とも言われるこの中庭と周りの諸室は、ムハンマド5世によって1377年頃から造営されたとものとされている。28.5m×15.7mの中庭中央には、パティオの名称になっている12頭のライオンと直径4.72mの水盤と噴水がある。一説には、フランシスコ・タレガはライオンの噴水から溢れ出る水を見て、“アルハンブラの思い出”の特徴であるトレモロ(単一の高さの音を連続して小刻みに演奏する技法)をイメージし、作曲につながったとも言われている。
e0116578_11201489.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2014-02-07 11:21 | trip photos