works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブハラ (1)/ウズベキスタン
at 2017-12-11 11:10
シャフリサブス/ウズベキスタン
at 2017-11-23 14:40
サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シベニク

シベニクはトロギールの北西、直線距離で38kmほどに位置するダルマチア地方中央の政治、文化の中心都市で、クルカ川のアドリア海河口に築かれた町。トロギールから海岸沿いを車で走ると約60kmぐらいである。クロアチアのアドリア海沿岸では最も古い都市とされるシベニクだが、シベニクの地名が登場するのは11世紀中頃のクロアチア王のとき。それ以前の町の歴史はよく分からない。周辺諸都市に多く見られるギリシャやローマの支配下にあったことを示す遺跡や遺構が、シベニクでは見られないことから、ギリシャ・古代ローマ時代に、バルカン半島西部で勢力を誇ったイリュリア人が定住し発展したという説も頷ける。
12世紀初めからのハンガリー王国下を経、15世紀初頭~18世紀末までヴェネツィア共和国の領域となり、その後、他のダルマチア地方沿岸諸都市と同様の歴史を経てきた町である。
e0116578_11451618.jpg
e0116578_1148383.jpg
上の写真2葉は、シベニクのシンボルで世界遺産にもなっている聖ヤコブ大聖堂。着工(1431)当初の後期ゴシック様式に始まり、ルネッサンス様式で完成(1535)した完全な石造建築で、1555年に献堂されたという。人物像はよく分からないが、フランチェスコ・ディ・ジャコモという建築家の設計を基に始まった工事は、10年後の1441年からダルマチア出身の建築家で彫刻家のユライ・ダルマティナッツ(イタリア名:ジョルジョ・ダ・セベニコ1410~1475)が設計・建設の指揮をとることとなり、生涯この聖堂建設に取り組み、その概念を構築。ダルマナティナッツの死後、建設はトスカーナの建築家ニッコロ・ディ・ジョバンニ・フィオレンティーノ(1418~1506)が引き継ぎ、天井のヴォールトと八角形のクーポラを完成させた。
フィオレンティーノ死後の工事は、ヴェネチアのビルダー、バルトロメオ・デル・メストラとその息子ジャコモが、フィオレンティーノの考えにそって完成させたとされている。
上の写真下は、自分の作品を眺めるダルマナティナッツの像越しに見る聖堂正面。

e0116578_11521011.jpg
左の写真は、15世紀後半に建てられた聖イヴァン教会。南壁面に取りつく外階段と、鐘楼の機械式大時計(18世紀)が珍しい。詳細は解らないのだが、ファサードを飾るヨハネ像の彫刻は、大聖堂の設計者の一人であるフィオレンティーノによって彫られたものと言われている。



下の写真は、大聖堂真横のレプブリカ広場に建つ旧市役所で、16世紀前半に建てられたルネッサンス様式の美しい建築。設計者は不明だが、建物両側の階段は、18世紀の建築家イヴァン・スコフ(Skok)によるものだそうである。
1943年連合軍の空爆で破壊されるが、建築家ハロルド・Bilinic(1894~1984クロアチアの建築家)の指示のもと復元された。現在1階にはレストランが入り、2階のホールは市のイベント会場等に使用されているようである。
(写真はいずれも旧ユーゴ時代の1988年撮影。)
e0116578_11563482.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2015-02-21 12:00 | trip photos

トロギール

スプリトから西に27kmほどにあるトロギールは、B.C.3世紀頃ギリシャの植民都市として、アドリア海に突き出た半島の先端に町が造られ、やがて港町として発展。ローマ時代には、他民族の侵入で首都サロナを逃れた市民の避難先にもなったという。さまざまな勢力の支配下に置かれたトロギールは、中世に入ると外敵の侵入を防ぐため水路を設けて本土と切り離し、市壁を廻らして防御を固める要塞状の島となる。
その後長きに亘ってヴェネチア共和国の支配が続くが、ヴェネチアの崩壊後はハプスブルク帝国の一部となり、一時的にフランス・イタリアの占領下を経て、ユーゴスラビア社会主義共和国に属し、1991年独立したクロアチアの町となる。古代ギリシャ、古代ローマ、ヴェネチア共和国などがもたらした、豊かな文化が詰った小さな島トロギールは、1997年に世界遺産に登録された。
写真はすべて旧ユーゴ時代の1988年撮影したもので、まだ観光地としての街の整備や、建物の修復が進んでいない時期のものだが、長い歴史の中の一瞬の時として眺めれば、それなりの意味はあるのではと思っている。下の写真は市壁南側にある南門(海の門)と、かつては税関として使われていたというロッジアを見る。
e0116578_1873634.jpg

e0116578_1882938.jpg
上の写真左は、街の中心イヴァン・パヴァオ・ドゥルギ広場に建つ聖ロヴロ大聖堂。トロギールを代表する建築で、1200年頃から300年以上の時をかけて造り続けられたため、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンスの各様式が混在する教会である。右はその内部の新礼拝所で、初期ルネッサンス様式のイヴァン礼拝所。正面には二つの像に挟まれた初代トロギール司教の石棺が安置されている。未修復の堂内は長年の埃と汚れで薄暗く、長い時の流れを実感する。
下の写真はイヴァン・パヴァオ・ドゥルギ広場の聖セバスチャン教会(15世紀)の時計塔と、ギリシャ様式のオーダーが目立つロッジアを見る。
e0116578_18101045.jpg

toshinac4a
[PR]
by toshinac | 2015-02-08 18:10 | trip photos