works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブハラ (1)/ウズベキスタン
at 2017-12-11 11:10
シャフリサブス/ウズベキスタン
at 2017-11-23 14:40
サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ジョードプル

ジャイプールから西に約300km、タール砂漠の入口にあるジョードプルは、ラージプートのマールワール (ラージャスターン州中西部の地方名) 王国の首都として造られた町。ラージプート族ラートール家の王ラーオ・ジョーダが、1459年にマンドール (マールワール王国創建時の首都で、ジョードプルの北約10kmに位置する) から遷都。ラーオ・ジョーダによって築かれたことでジョード・プル (ジョーダの町) と呼ばれたこの町は、長さ10kmもの城壁に囲まれた城郭都市。隊商交易の要の町として栄えたジョードプルは、ムガル朝下でも自治権が認められ、大英帝国時代も藩王国として存続したこともあり、地域出身の商人がインド諸都市で活躍し、インド有数の幾つかの商業財団に成長したという。
ちなみにデリーのヒンドゥ―寺院“ラクシュミーナーラーヤン寺院”の財政支援等で知られるビルラー財閥も、マールワールの商人がルーツだそうである。
e0116578_850177.jpg
e0116578_8592618.jpg
上の写真2葉は、120mの岩山の上に、さらに幅24m高さ30mを超える城壁が廻るメヘランガル城。ラーオ・ジョーダによって新都の象徴として築かれた城は、その後増改築が繰り返されてはいるが、ラージャスターンの都市建築特有の力強い美しさは健在。城内には数多くの宮殿が中庭を介して連なり、その多くは博物館として公開されているが、城砦はいまでもマハーラージャが所有しているという。
下の写真は精緻なヒンドゥーの透し彫り装飾が施された宮殿(ジャーンキ・マハル?)の中庭と、王室の一つタハット・マハル。
e0116578_85218100.jpg
e0116578_853525.jpg
下の写真は、メヘランガル城から眺めたコバルトブルーの青が際立つ旧市街。建物の大半が青色に塗られているところから通称“ブルーシティ”とも呼ばれている。
青く塗られた経緯は定かではないが、バラモン階級の居住者が自ら階級色の青を塗ったことが始まりではという説があるが、熱対策とか害虫対策とか諸説紛々。
e0116578_951817.jpg
e0116578_8572194.jpg

e0116578_921667.jpg上の写真は、メヘランガル城の北東1km程の丘上にあるジャスワント・タダ廟(1899)。ジョードプル藩王国の君主として1873年から在位したジャスワント・シン2世 (1838~1895) の廟を遠望。
左の写真は白大理石仕上げの白亜の殿堂を側面から見る。
下の写真は、ジョードプルの新王宮として1944年に完成した、ウマイド・バワン宮殿の遠望と、さらにその下は庭から眺めた宮殿。メヘランガル城の南東5km程の小高い丘の上に建つ宮殿は、マハーラージャ・ウマイド・シン(1903~1947)による領民の貧困救済が目的であったとされている。1929年に着工され完成まで15年という歳月は、多くの雇用を生み出したことは確かだろう。
英国の建築家ヘンリー・ランチェスター (1863~1953:イギリスの都市計画家で、おもに英国統治の植民地で都市コンサルタントをつとめる) の設計で、部屋数が347室という大規模な建築は、現在は大半が宮殿ホテルとなっているが、一部はマハーラージャ一族の住まいとなっている。
e0116578_9111143.jpg
e0116578_912087.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2015-09-27 09:14 | trip photos

ウダイプル

ムガル朝の攻撃を受けて、チットールガルを追われたメーワール(ラージプート族の中でも、とりわけ気位の高いシショディア氏族)の王ウダイ・シング(在位:1537~1572)は、チットールガルから西に約110km離れた、標高600mほどの山間の地に新しい都を築いた。川を堰き止めて2つの大きな人造湖を造り、水源の確保と町の防御を固めたとされる現在のウダイプルである。
ムガル帝国の強大な力に屈することなく抵抗し続け、後の英領下にあってもメーワール王国の首都として存続した町は、歴代の君主によって築かれた宮殿をはじめとする歴史的建造物も多く、乾燥したラージャスターンには珍しく、水際の景観が美しい町である。
e0116578_927510.jpg

e0116578_9103784.jpg上の写真は、ピチョーラ湖に浮かぶ白亜のタージレイクパレス。18世紀、メーワールの君主ジャガト・シング2世(在位:1734~1751)によって建てられた夏の離宮が改装され、湖上の宮殿ホテル(1971年)として生まれ変わり、インドでも最上級ホテルの一つに数えられるほど。
ちなみに、オールドファンには懐かしい映画007シリーズ「オクトパシー」のロケ地でもある。


左の写真は、シティ・パレスの飾り窓から眺めた湖上の離宮。




下の写真は、対岸のシティ・パレスをレイクパレスの船着き場近くから眺めたもの。
おとずれた時は湖の水位が上がり、船着き場に近いホテルのテラスが冠水状態。

e0116578_9335058.jpg

e0116578_9344775.jpg

e0116578_9373769.jpg上の写真は、ピチョーラ湖畔に雄大な姿を見せるシティ・パレス。
ウダイ・シング王によって16世紀から始まった宮殿の造営は、その後も歴代の王による増築が重ねられたことで、壮大な宮殿建築の複合体が造りだされた。宮殿は二つのホテルと一部博物館として開放されているが、現在も立ち入ることが許されないマハーラージャの居住部分がある。



左の写真は博物館エリアの中庭。







下の写真はシティ・パレスのフロントサイドと、更に下の写真は宮殿上階から旧市街を見る。
e0116578_9531420.jpg
e0116578_9411394.jpg

下の写真は、牛も店番に加わっているような、いかにもインドらしい旧市街の一角。神聖視されるインドの牛だが、近年は街中で見ることは徐々に少なくなっているらしい。
e0116578_9424941.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2015-09-08 09:44 | trip photos