works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブハラ (1)/ウズベキスタン
at 2017-12-11 11:10
シャフリサブス/ウズベキスタン
at 2017-11-23 14:40
サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アーメダバード

インド大陸の最も西に位置するグジャラート州の最大の都市アーメダバード(アフマダバード)は、この地域のスルタンであったアフマド・シャー1世によって1411年に建設され、その後イスラムの都市として発展する。16世紀中頃ムガル朝の支配下となるが、宝飾や絨毯などの手工業が盛り交易で繁栄、イギリスの植民地(1818年)下では綿織物工業が発展し、19世紀後半にはインドのマンチェスターと比喩されるほどだったという。また、インド独立の父と言われるマハトマ・ガンディーの、反英独立運動の拠点が置かれた街としても広く知られるところ。建築においても地域の伝統建築とイスラム建築が融合した建物が多く残され、独立後にはル・コルビュジエやルイス・カーンなどによる、モダンデザインの建築も多く建てられているということもあり、建築好きには一度は訪れてみたい魅力的な都市である。
e0116578_1691659.jpg
上の写真は、アフマド・シャーによって建設されたバドラ城域の東側の門“ティン・ダルワーザ”(1415)。新都市の中心として構築され、そこから東に向かう大通り“マニク・チョウク”を造り、通りの南側にジャーミー・マスジド(金曜モスク)、アフマド・シャー自身と王妃の墓廟を、西に向かう軸線上に並べて新都市の核としたとされている。
下の写真はジャーミー・マスジド(1424)礼拝室の中庭側正面で、イスラムのアーチの中に、西インドの伝統建築様式の柱・梁架構を見る。中央アーチの両サイドを飾るシャフトは、上部が失われたかつてのミナレット。さらに下の写真は、柱が林立する礼拝室内部。15のドームを支える柱は総数260本。
e0116578_16114047.jpg
e0116578_1612106.jpg

階段井戸
大地の地下深くまで掘られた井戸の底に向かって、トレンチ状の深い溝を掘削し、長い階段を設けて地下水位まで降りる階段井戸は、地下建築としての形式と宗教的な意味を併せもつ聖なる場所であり、涼を求める市民が集う場所でもある。
e0116578_16142730.jpg

e0116578_16175550.jpg上の写真は、アーメダバードの北郊約20kmにあるアダーラジーの階段井戸(1502)。
階段井戸の殆んどは一直線状の平面形だが、ここは東・南・西の三方から階段が降りて踊り場で合流し、さらに北に向う階段で地底に至るという十字型の平面形。
土圧を支える柱・梁の架構が生み出す立体格子が、精緻な彫刻と相まって光と影の幻想空間を演出する。

左の写真は、井戸のシャフト手前にある光を取込む吹き抜けホールで、底は階段状の水槽を設けた沐浴の場であったが、現在は水槽の上に金網が張られている。




下の写真は、アダーラジー階段井戸の地上部。
e0116578_1624059.jpg

下の写真は、アーマダバード市内にあるダーダ・ハリールの階段井戸(1499)で、人々を地下に導く階段通路とホールの見上げ。
その下の写真は地上部。アダーラジー、ターダ・ハリールのどちらも、ヒンドゥの階段井戸を手本にイスラム政権下で造られた階段井戸である。
e0116578_16301883.jpg
e0116578_1630594.jpg

繊維業会館
e0116578_16341646.jpg
アーメダバードにあるコルビュジエ作品の一つで、アーメダバードの代表的産業であった繊維業界の会館(1956)である。旧市街の西を流れるサバルマティー川の対岸に建てられた会館は、南北面には開口部を設けず、川に面する東側と西側のみ開放し、奥行のあるブリーズ・ソレイユを設けて日差しを弱め、諸室は半ば外部ともいうべき空間の中に独立することで、建物全体の通風を図るというインドの気候条件を考慮した設計となっている。
上の写真は大通りに面した西側。角度の付いたブリーズ・ソレイユが創りだす陰影と、長い入口スロープが印象的。下の写真は吹放ちで開放感のある入口ホール。ブリーズ・ソレイユの足元に細い排水溝が設けられているが、モンスーンの時期にはホールの床が水浸しになることもあると聞く。
e0116578_16355858.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2015-10-24 16:37 | trip photos

ジャイサルメール

e0116578_11194892.jpg
ジョードプルの西300km弱に位置するジャイサルメールは、1156年にバッティ・ラージプート(ラージプートの一氏族)のラワル・ジャイサル王によって築かれた城郭都市で、広大なタール砂漠(世界で8番目の広さ)の真ん中にあるかつての隊商(キャラバン)の中継地。以前は全て城壁に囲まれていたという旧市街の中には、城門をはじめ、交易により財を成した貴族や豪商のハヴェリー(邸宅)が建ちならび、往年のジャイサルメールを彷彿させる風景が広がり、南東側の三角形の台地上(トリクタの丘)には、更に堅固な城壁を回らした王宮が聳える(写真上:Google Earth)。 数世紀前までは東西交易路の拠点として栄えてきたが、英領時代になり、海洋貿易の発展に伴って隊商の交易路は衰退し、ジャイサルメールの栄華も衰え、さらにインド・パキスタンの分離独立(1947)によりルートは分断され、砂漠の中に取り残された辺境の町となる。
下の写真は、町の東側にあるジャイサルメール駅近くから見る城砦。町を見下ろす台地上に築かれた城砦は、砂漠の彼方からも視界に入るジャイサルメールのランドマーク。
e0116578_11224321.jpg

e0116578_11265116.jpg

e0116578_11274173.jpg上の写真は城下町(旧市街)から仰ぎ見る城砦。高さの異なる二重の半円形稜堡が連続した城壁は印象的。とくに日没時には、黄土色砂岩で築かれた砦や街が金色に染まることからゴールデンシティの愛称をもつ。




左の写真は、城砦への入口となる城門の一つスーリヤ門。


下の写真は、城砦内の王宮広場に面する19世紀の宮殿“ラージ・マハル”の見上げ。
現在では宮殿博物館・ヘリテージセンターとして一般に開放されている。連続するアーチ状の庇と精緻な透かし彫りや彫刻で装飾された黄土色の外観は、強烈な太陽の光のもとでより一層の輝きを増す。

e0116578_11384573.jpg

e0116578_11392857.jpg
上の写真4点は、人々の日常が垣間見える城砦内の風景。上の左右は、迷路のように入り組んだ路地を散策。左下は安宿前の空地で遊ぶ子供達。右下は、観光客目当ての物売りが集うジャイナ教寺院前。
下の写真は、旧市街にあるハヴェリーの中で最大で、最も美しいとされるパトウォンのハヴェリー(1885)。道路に面したファサード全面が、ラージプートの伝統的な意匠ともいえるジャロカーと呼ばれる装飾的な石造の出窓で構成され、その開口部のほとんどに、視線や陽射しを遮って風を通すジャーリ(石の格子細工)が嵌め込まれている。
さらに下の写真は、パトウォンのハヴェリー屋上から眺めた旧市街の民家。
e0116578_11434912.jpg
e0116578_11443828.jpg

e0116578_11462582.jpg
上の写真は、砂漠の都市ジャイサルメールの、かつて生活用水の供給源となっていたガディサル・タンク(人造湖)に建つパビリオン。トップのGoogle Earth写真に見る、旧市街外側の南に映る貯水池がそれである。下の写真は、ジャイサルメールから西ヘ40km、パキスタンとの国境までは60kmあまりのサム砂丘のサンセット。
e0116578_1149516.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2015-10-13 11:50 | trip photos