works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27
ブータン王国/パロ(2)
at 2017-05-30 17:28
ブータン王国/パロ(1)
at 2017-05-16 09:32
アル・ケ・スナンの王立製塩所
at 2017-01-29 10:41

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

サヴォワ邸/コルビュジエ

e0116578_1135442.jpg
コルビュジエの代表的作品でもあるサヴォワ邸は、パリ郊外ポワッシーのなだらかな丘上に建つ別荘建築で1931年の竣工。近代建築の5原則と言われるピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由なファサードが完成度高く具現化された建築で、その名は建築の歴史のなかで知らぬ人はいないのではと言われるほどであり、文化財として保存されている現在も見学者は後を絶たないという。かく言う私も1975年、1985年に訪れた。そして2016年の最新の写真を見ても、パリのラ・ロッシュ・ジャンヌレ邸(1923年:コルビュジエ財団事務所)から続いたコルビュジエの“白の時代”を象徴する美しさは変わらない。上の写真は敷地の北東側から眺めたもの(1985年撮影)。
下の写真は東側ファサード(1975年撮影)。1階ピロティ奥のグリーンに塗られた部分はガレージの扉と、運転手の控室(建設時)の壁。2階左側は居間で中央と右はテラス部分。
e0116578_1137281.jpg
e0116578_11383693.jpg
上の写真は南側ファサード(1975年撮影)。1階ピロティ奥正面が玄関ホール。2階は居間と厨房(左端)。屋上に日光浴のための空間(ソラリウム)を囲む壁が建ち上がる。
下の写真は玄関ホール(1975年撮影)。
e0116578_11404685.jpg

e0116578_11414642.jpg
左の写真は、白の時代の始まりともいわれるパリのラ・ロッシュ・ジャンヌレ邸(1975年撮影)で、内部の見学はかなわなかった。












下の写真は全て2016年撮影のもので、ものつくり大学教授八代克彦氏から拝借したものである。
下の上左はゲートからのアプローチが取りつく北側ファサード。上右は2階の居間。下の下左は2階厨房。下右は居間からテラスを見る。
e0116578_114965.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2016-12-16 11:51 | trip photos