works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブハラ (1)/ウズベキスタン
at 2017-12-11 11:10
シャフリサブス/ウズベキスタン
at 2017-11-23 14:40
サマルカンド(2) /ウズベ..
at 2017-10-20 11:07
サマルカンド(1) /ウズベ..
at 2017-10-01 08:31
タシュケント/ウズベキスタン
at 2017-09-09 09:57

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ブータン王国/パロ(2)

パロ・ゾン
ブータンは現在20の県(ゾンカク)に分かれていて、県庁には基本的にゾン(チベット文化圏多く見られる城砦建築)があり、行政庁舎と僧院を兼ねた聖俗両方の中心として機能していることが多い。パロ谷を見下ろす山腹に建つパロ・ゾン(正式名リンプン・ゾン)も、パロ県の県庁であり多くの僧が修行する寺院でもある城砦建築で、リンプン・ゾンとは宝石の山の城という意味だそうである。創建は15世紀とされているが、現在の姿は20世紀初頭の火事で焼失した後に再建されたものである。下の写真はパロ・ゾンの全景で、奥にかつての望楼であるタ・ゾンを見る。チベット・ラサのポタラ宮を彷彿させるが、一説には、ポタラ宮の増築時にパロ・ゾンも参考にされたという説もある。
e0116578_1710614.jpg

e0116578_1711398.jpg左の写真はパロ・ゾンへ通じる道に架かる橋の外観と内観。
架構方法が珍しく、山梨県大月市の桂川に架かる猿橋と同じ刎橋(はねばし:川の両岸にと呼ばれる角材を斜めに差し込んで中空に突出し、その上に重ねて同様の刎ね木を少し長く突出してこれをくり返し、対岸からの刎ね木と結合させたところで上部構造を組み上げるという、柱脚をつくらない架橋技術)で、現存する木造の屋根付き刎橋はめずらしい。
橋の上は一時の憩いの場にもなっている。
ちなみに、猿橋は鋼製の桁材に木材を貼り付けて、江戸時代の構造を復元したものである。





下の写真はパロ・ゾンの入口。
e0116578_17222499.jpg

e0116578_17241214.jpg
上の写真は、パロ・ゾンの上に立つかつての望楼(タ・ゾン)で現在は国立博物館。めずらしい円形の建物で、山側上部のブリッジを渡って入り、展示物を見学しながら下りて行く。
下の写真は、チベット仏教には欠かせないマニ車が設えてある出口。
さらに下の写真は、博物館を出ると眼下広がる美しいパロ谷の風景とパロ・ゾン。
e0116578_1726141.jpg
e0116578_172706.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2017-05-30 17:28 | trip photos

ブータン王国/パロ(1)

ヒマラヤ山脈の南東部にある小さな王国ブータンは、北は標高7000mの雪の山々でチベットと国境をなし、南は海抜100mほどの熱帯でインドに接するという、平地は極めて少ないヒマラヤ山脈の南斜面に位置する国。長く鎖国状態であった「神秘の王国」も1971年の国際連合加盟後、1974年から外国人観光客の受け入れを始め1983年には空路も開設。2008年に憲法が制定されて立憲君主国となる。国民の8割をチベット系が占めるという民族構成もあって、チベット仏教(ラマ教)が国教となっており、チベット仏教4大派の一つであるカギュ派の中のドゥルック派に属している。
そんな神秘の国ブータンを訪れたのは、20年以上前の1996年のことである。現在の状況とは違っていることも多いとは思うが、当時の長閑なブータンの風景を紹介したい。
e0116578_9182316.jpg
空の玄関口であるブータン国際空港は、標高2300mの谷間に水田が広がる小さな町パロにある。市街から6kmほど離れた空港は周囲を高い山々に囲まれているため、パイロットは離着陸に高度な技術が要求されるという。山の斜面をすれすれに飛び、それほど長くない滑走路をめがけて谷間に突き進むような感覚に若干緊張を覚えたものである。また有視界飛行となるため離着陸は天候次第、出発地でパロの天候回復を待つという事態に遭遇することも少なくない。
上の写真はパロ谷の中の滑走路をパロ川越しに見る。
下の写真は、バンコックから4時間ほどのフライトでパロ空港に着陸したドゥルック航空の機体と乗客。
e0116578_9202961.jpg

e0116578_9214587.jpg左の写真はパロ中心部の目抜き通り。伝統的な建築が連なる街並みはブータンの古都を彷彿させれるが、近年は近代的なホテルやアパート等の建設が進み、周縁部の景観も変わりつつあるという。





下の写真は典型的なブータンの民家。比較的多く見られる3階建ての民家は土壁(版築)と木軸で構成されている。土壁の上に漆喰が施された外壁には、子孫繁栄を願った絵や魔除けの動物絵が描かれた民家を多く見る。
1階は物置や家畜小屋・飼料置場などが主で、2階に穀物倉庫や居室や納戸。3階に居間・食堂・寝室そして仏間が設けられているが、2階と3階が入れ代っている例も多く、言ってみれば2階以上が生活空間ということになる。
さらに吹放しの屋根裏スペースを設けて作業場や物干しの場として利用している。
e0116578_9264749.jpg

e0116578_9284170.jpg
上の写真は見学させて頂いた民家。地元の大工さんの家でかなり大きな家だが、実際は2棟の住まいが中央の階段で仕切られた民家で、一つの屋根で覆われている。
下の写真の上左は、ブータンの住宅では一般的に設けられる仏間。年に数回、お坊さんを呼ぶ時のために使われる部屋だそうだが、他の部屋に比べ極めて豪華な造りになっている。上右は仕事部屋での機織り。左下の写真は寝室。右下は台所でのバター茶つくり。
e0116578_93135.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2017-05-16 09:32 | trip photos