works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ウォンディ・ポダン
at 2017-08-09 10:21
ブータン王国/プナカ
at 2017-07-19 09:42
ブータン王国/ティンプー(2)
at 2017-07-01 16:43
ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ブータン王国/プナカ

e0116578_9312151.jpg
首都ティンプーの北東約75km(直線距離では26km程)の距離に位置するブータンの古都プナカは、ポ・チュ(父川)とモ・チュ(母川)という2つの川の合流点に開けた河谷平野にあり、ティンプーに比べ標高(約1200m)が低く、亜熱帯性の気候で冬でも暖かいところから、緩やかな棚田では稲作が行われ2期作もあるという米どころ。ティンプーが恒久的な首都となるまでの300百年余りは、ブータン王国の冬の首都とされていた。上の写真は、ティンプーからプナカに向かう途中の、標高3150mのドチュ峠に建つチョルテン。現在は2004年に造られた108基の小さなチョルテンが周囲を取り囲み、1996年撮影のこの写真とは大きく様変わりしている。
e0116578_9324216.jpg

e0116578_9333350.jpg上の写真はプナカ・ゾン。1637年に建国の父と称されるシャプトゥン・ガワン・ナムゲルによって建てられた。二つの川の合流点に船のように建つこのゾンは、1950年代の初めまで夏の首都ティンプーに対する、冬の首都の行政府と僧院として使われてきた。現在もティンプーのタシチョ・ゾンの高僧たちは、古くからの習慣にならって冬の間はプナカに移住する。

左の写真はGoogle Earthで見たプナカ・ゾン。プナカ・ゾンが建つ以前の1328年に、現在のゾンの北側にゾン・チョンという寺が建てられている。





下の写真はゾンへの入口となる吊り橋だが、現在では吊り橋右側の石造りの建物に、パロ・ゾンの橋と同じ構造の刎橋が架けられている。吊り橋の奥に見える建物が古いお寺のゾン・チョン。
e0116578_9381662.jpg

下の写真はプナカ・ゾンの近影で、1996年に訪れた時は大規模な改修中だった。
さらに下の写真は、斜面に建つプナカの民家。「美しい自然と仏教文化の中で、幸せに暮らす素朴な人々」そんなイメージを持ってしまうが、近代化が進むにつれ、俗化の進行は止まらないという耳にしたくない話も聞こえてくる。
e0116578_9403393.jpg
e0116578_9413882.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2017-07-19 09:42 | trip photos

ブータン王国/ティンプー(2)

タシチョ・ゾン
ブータンの政治と宗教を司るタシチョ・ゾンは、市街北部のウォン川西岸に建つ同国の中央政庁である。
チベット仏教4大宗派の一つカギュ派の分派であるLhapa派の創始者ジャルワ・ラハンバが、現在のゾンの北東の丘に小さな僧院(デュンナン・ゾン)を1216年に建立したのが始まりとされ、数年後にはカギュ派ドゥルック系を持ち込んだとされるラマ僧(パジョ・ドゥゴム・シクボ)に引き継がれたという。後の1641年、仏教ドゥルック派のもとにブータンを統一したシャブドゥン・ガウン・ナムギャルが、僧侶と役人の双方が入れるよう僧院の拡張をしてタシチョ・ゾン(栄光の宗教の要塞)と名付け、谷間の現在の場所にも役所としてのゾンが別に建設された。
e0116578_1059413.jpg

e0116578_1121195.jpg1771年には丘の上のゾンが焼失してしまい、修道士も谷間のゾンに移り住むこととなってゾンはさらに拡張されていく。
その後2回の火災や地震で大きな被害を受け、そのつど再建修復はなされてきたが、1962年に第3代国王ジグミ・ドルジ・ワンチャックが首都をティンプーに移したとき、タシチョ・ゾンの修復・拡張工事が5年計画で開始され、1969年に完成した。
古来の伝統にしたがって図面は作らず、1本の釘も用いない木造建築として紹介されている。

上の写真は谷の西側の丘から眺めた1996年のタシチョ・ゾン。対岸には国民議会の建物が建つ。

左の写真はGoogle Earthで見たタシチョ・ゾン。20年という時を経ているが、市の中心街と違ってそれほどの変化は感じない。


下の写真はタシチョ・ゾン近影。
e0116578_118149.jpg

メモリアル・チョルテン(第3代国王記念仏塔)

e0116578_11105179.jpg
ブータン市街の南中部に建つこの仏塔は、第3代国王ジグミ・ドルジ・ワンチャックが建立を発願したが、1972年ナイロビで客死したことで第4代国王のジグミ・シンゲ・ワンチャックその意思を引き継ぎ、1974年に完成したティンプーのランドマーク的な仏塔である。
祀られている仏像は、ブータンの国教カギュ派のドゥルック派の教えではなく、チベット仏教の中で最も古い宗派の一つであるニンマ派(開祖はグル・パドマ・サンババで、ブータンへ初めてチベット仏教を伝え広めた僧とされている。)の教えに従って造られている。

左の写真は1996年の撮影。2008年に大きな改装がなされている。








公共施設
e0116578_1116456.jpg
上の写真は1996年に訪れた当時の公共施設である。
現在も同じ場所で同じ施設として継続しているかは定かではないが、ブータンではゾンを始めとして、公共建築から住宅まで、建築の意匠や材料の用い方に一貫性がある。左上は国立図書館。右上は国立病院。同じ場所かは分からないが現在は近代的な病院が建設されている。左右下は美術学校の外観と上階に設けられた学生寮。ブータンの仏教美術や伝統木彫技術を数年かけて習得する。

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2017-07-01 16:43 | trip photos