works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

ブータン王国/ティンプー(1)
at 2017-06-17 08:08
ブータン王国/パロ(3)
at 2017-06-06 09:27
ブータン王国/パロ(2)
at 2017-05-30 17:28
ブータン王国/パロ(1)
at 2017-05-16 09:32
アル・ケ・スナンの王立製塩所
at 2017-01-29 10:41

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

ファテープル・シークリー

e0116578_9233615.jpg
アーグラの西約40kmにあるファテープル・シークリーは、ムガル朝の第3代皇帝アクバルが、王子(ジャハーンギール)の誕生を機に造らせた新しい都で、周長11kmにも及ぶ市壁を持つかなり大きな都市である。城は中心部の台地上に築かれ、居城となる宮廷地区と、祈りの場であるモスク地区に分けて建設された。赤砂岩の基盤上に建つ石造の建物配置は、かつて半遊牧生活を送っていたムガル人の伝統的な住まいである天幕の配置を参考にしたものと言われている。1574年にアーグラから遷都したものの水利が悪く、僅か14年で再び遷都することになるのだが、表舞台から外れたことが幸いしてその後の戦乱を免れ、主要な建物が往時の姿をいまに留める都市遺跡となっている。(上の写真はGoogle Earth)

宮廷地区
e0116578_9261349.jpg

e0116578_9264353.jpg上の写真は、宮廷地区にある皇帝の私的な謁見のための一室空間からなる建物“ディワーニー・カース”(内謁殿)。左の写真はその内部。
対角状に架けられたブリッジを支える特異な形状の柱頭上に皇帝アクバルが座し、謁見を賜る者を眼下に見るという、絶対的な権力を誇示する一方で、宮廷内の建築にはインドの伝統様式を取り入れ、アーチやドームといったイスラム特有の建築要素を使わず、ヒンドゥー文化との融合を積極的に図っている。






下の写真は、アクバル帝の母ミリアムマカニ(ハミーダ・バーヌベグム)の住まいとされるミリアムの館。
小さくシンプルな建築だが、かつては華麗な壁画で彩られていたという。
e0116578_9313132.jpg

モスク地区
e0116578_935874.jpg
e0116578_9361387.jpg

e0116578_9421514.jpg上の写真は、モスク地区のジャーミ・マスジット(金曜モスク:1571)にあるサリーム・チシュティー廟の内外。巨大モスクの周廊に囲まれた中庭北側の中央に建てられた、聖者サリーム・チシュティーの廟である。深い軒を支える白大理石の装飾的な柱とうねった方杖、それに緻密で美しい石の格子スクリーンなど、赤砂岩一色のなかで際立つ白大理石で構築された廟は、王子誕生を予言したサリーム・チシュティーに対するアクバル帝の信頼の深さを物語る。

左の写真は、メッカの方向である西側の礼拝堂に正対するバードシャーヒ門(Badshahi Darwaza)で、キングス・ゲートとかロイヤル・ゲートの呼び名もある。赤砂岩に埋め込まれた自然石の帯状のモザイクが門を彩る。

下の写真はサリーム・チシュティー廟の右に隣接するイスラム・ハーン廟。建物の屋上に整列するチャトリ(サンスクリット語で傘を意味し、4本の柱の上に屋根が乗っただけの東屋的建物。)が微笑ましい。
e0116578_9443258.jpg

toshinacHP
[PR]
# by toshinac | 2015-07-03 09:46 | trip photos

タージ・マハル廟

アーグラ城から2kmほど下ったヤムナー川沿いに建つ、ムガル朝絶頂期の建築であるタージ・マハル廟(1654)は、建物全体を白大理石で覆い、随所に精巧な象嵌細工を施した巨大な宝石を想わせる建築で、世界一美しい墓廟とも称されている。第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃ムムターズの死を悼み永遠の記念として建てられた話が通説だが、建物の壁や天井に刻まれた文字の正確な解読ができたとされる近年の研究によると、ムガル皇帝の権勢と“インド宇宙”との遭遇を凝縮した形で示したものという新説もある。
何れにしても22年の歳月と莫大な費用をかけて建てられた白亜の廟は壮大にして優美。
廟がチャハルバーグ(四分庭園)の中心にあるデリーのフマユーン廟とは違い、庭園の北端に廟を建てて楼門からの距離をとることで視覚的効果を高め、泉水にその姿を映してさらなる美しさを演出。
e0116578_8312359.jpg

e0116578_8344277.jpg上の写真は庭園中央から見る廟正面。方95m高さ7mの基壇上の四隅には、高さ49mの円形断面のミナレットが建ち、基壇中央の玄室上部に、高さ65mのドームを戴く隅切方形平面の建物が建つ。デリーのフマユーン廟と同じく、中央八角形の墓室には模棺(セノタフ)が置かれている。

左の写真は、16分割庭園の中央にある泉水に姿を映すタージ・マハル廟。


下の写真は赤砂岩で造られた廟への入口となる高さ30mの大楼門。大小のイワーン(ペルシャが起源とされるイスラム建築要素の一つで、ファサードにアーチ状の開口を造り、三方は壁で天井は開口と同じ形状のアーチ型を持つ半屋外空間)で構成された楼門の入口アーチが、遥か300m先の廟のアーチに重なる。
e0116578_8403898.jpg

toshinacHP
[PR]
# by toshinac | 2015-06-24 08:41 | trip photos

アーグラ城

e0116578_1661768.jpgデリーの南およそ200km、ガンジス川最大の支流ヤムナー川沿いに築かれた古都アーグラは、ムガル朝の首都としての繁栄するのは第3代皇帝アクバルの時代から。その礎となるアーグラ城は、アクバル帝が1565年から8年かけて築いた壮大な城郭である。城壁・城門が全て赤砂岩で造られていることから、デリー城と同じようにラール・キラー(ヒンディ語で赤い城)と呼ばれることもある。
アクバル帝後も2代に亘って皇帝の居城となり、ヒンドゥとイスラムが融合したムガル朝の宮殿建築が築造されたが、1648年、6代目のアウラングゼーブ帝がデリーに都を移したことで城郭としての発展も収束する。


左の写真は、城塞南のアマル・シング門から続く城内へのアプローチ。高い両壁が音を反響し敵の侵入を知らしめるとか。




下の写真は、アクバル帝が嫡子の名を冠したジャハーンギール宮殿の外観。赤砂岩の壁に白大理石の象嵌模様が映える。その下の写真は、柱梁構造がよく解る宮殿中庭。観光客とおもわれる女性達の色鮮やかなサリーが赤砂岩一色の空間に彩りを添える。
e0116578_1611473.jpg
e0116578_16122369.jpg

e0116578_1616197.jpg
上の写真は、アングリー庭園越しに見る5代目のシャー・ジャハーン帝の白大理石の寝殿(ハース・マハル)。左に八角形の塔(ムサンマン・ブルジュ:囚われの塔)を頂く居室がある。
下の写真は、床に噴水を設えるなど贅を尽くしたシャー・ジャハーン帝の居室。息子のアウラングゼーブ帝に王位を追われた後、晩年の7年間ここに幽閉され、およそ2km先の川沿いに建つ、愛妃ムムターズが眠るタージ・マハル廟を眺めながら過ごしたと言われている。
e0116578_16183352.jpg

toshinacHP
[PR]
# by toshinac | 2015-06-14 16:19 | trip photos

チャンディーガル

デリーの北、約240kmに位置するチャンディーガルは、ル・コルビュジエの都市計画が実現した都市として知られるパンジャーブ州の州都。インドとパキスタンの分離独立(1947)後、インド側のパンジャーブ州に新州都の建設が決定され、インド政府の依頼を受けたコルビュジエが、CIAM(近代建築国際会議)の都市計画の原則に沿った形で設計し、工事は1952年から始まった。
e0116578_14424326.jpg

e0116578_14445221.jpgコルビュジエのゾーニングは、公共建築を集めたキャピタル区域のもと、商業区域、教育区域、住宅区域など、セクターと呼ばれる多くの区域が碁盤目状に区画され、緑地公園が都市の中央を貫き、広い道路とセクター内のゆとりある施設配置など、“輝く都市”の理念を求めたもの。インドの伝統的な都市とは異なる解放的で緑豊かな都市である。

上の写真はキャピタル区域で最初に完成(1955)した高等裁判所。正面の赤・黄・緑に塗られた巨大なコンクリート壁柱が特徴的。強い陽射しと豪雨に対処するための巨大な傘のような大屋根は、スパン毎に設けられたジャイアント・オーダーに支えられ、裁判所本体にあたる部分の外壁は深いブリーズ・ソレイユ(日除け)で覆われる。

左の写真は背面側。




e0116578_14474176.jpg
上の写真は、長さが254mという巨大建築の州庁舎(1958)の東南面。打ち放しコンクリートとブリーズ・ソレイユ、屋上庭園とそこに造られた施設のユニークな形態など、ユニテ・ダビタシオンで実施済みの建築要素を随所に見る。下の写真は州庁舎北西面の巨大なスロープの内外。
e0116578_14524419.jpg

e0116578_14535311.jpg

e0116578_14545859.jpg上の写真は州庁舎屋上から見た議事堂(1964)。クーリング・タワーにヒントを得たとされる議事堂の形態は、ジャイプールの天文台など、インドの伝統的建築の形態を引用した建築で、チャンディーガルで手掛けた建築では最も地域性を考慮した建築言語が用いられているという。双曲線型の塔は議場の採光・換気・音響機能の役目も果たしている。
左の写真は、コルビュジエの描いた象徴的なモチーフをモニュメントとした“開いた手”の記念碑。調和の象徴としてチャンディーガル計画の当初から設置を考えていたが、実際は没後21年の1986年に完成。風を受けてゆらゆらと動く。

下の写真は、チャンディーガル美術館(1968)。キャピタル区域外の第10セクターに建つ美術館は、上野の西洋美術館やアーメダバードのサンスカル・ケンドラ美術館と同様の、「無限に成長する美術館」の構想に基づいた設計となっている。
e0116578_14573435.jpg

toshinacHP
[PR]
# by toshinac | 2015-06-03 15:05 | trip photos

インドの建築散見/デリー

インダス文明(BC.2500年頃)に遡る長い歴史の中で、この地域固有の建築形態が生まれた背景には、厳しい風土に適応するための、先住民族の長きに亘る工夫の積み重ねと、根底にあるインド文明独特の神話や宇宙観が建築に表現されることも起因する。
一方で、古来よりさまざまな民族がこの地に去来し、都城を築き、侵入者たちの伝統的な建築技術や建築様式を用いて生まれた外来の居住環境がある。それら両者が時代や地域で複雑に混在し、エキゾチシズム溢れる魅惑的な都市と建築を造りだし、広大なインド大陸に展開する。
e0116578_163274.jpg
首都デリーは、12世紀以降イスラム勢力の侵入の拠点として、いくつかの王朝の都が置かれた地で、インドにおけるイスラム王朝の興亡の歴史が詰った都市である。現在オールド・デリーと呼ばれている旧市街は、ムガル王朝第5代皇帝シャー・ジャハーン(在位1628~1658)によって築かれたもので、当時はシャージャハーナード(シャー・ジャハーンの町)と呼ばれていたという。やがてムガル朝の衰退が始まると、デリーは幾度となく戦火にまみれて荒廃し、ムガル朝の滅亡(1857)とともに、イスラムの都としての役目を終える。

e0116578_16333729.jpgしかしイギリス帝国の植民地支配下に置かれて9年後の1867年に、始めてデリーに鉄道が開通したことで繁栄を取り戻すと、長くイギリス領インド帝国の首都であった東部のコルタカ(カルカッタ)からの首都移転が決められ、1912年暫定的な首都となり、1931年からはニューデリーが正式な首都となる。
上の写真はニューデリーの官庁街。都市計画はイギリスの建築家エドウィン・ラッチェンス(1869~1944)によって1911年に始められ、建設は1931年に完了した。対称形の建築が向かい合う政府庁舎(設計ハーバート・ベイカー)の奥に大統領官邸(設計エドウィン・ラッチェンス)のドームを見る。
左の写真は、マムルーク・スルタン朝(奴隷王朝:1206~1290)の初代クトゥブ・ウッディン・アイバクによって創建された、インド最初のイスラム建築クッワト・アルイスラム・モスクの中に建つクトゥブ・ミナール(1200)。ヒンドゥ様式とイスラム様式が混在した形をみせるこのミナレットは、おそらく破壊されたヒンドゥ寺院等の石材を転用し、建設に携わった職人もヒンドゥ教徒であったのではと推測されている。高さはインドで一番の72.5mで、戦勝記念塔としての意味を併せもつ。
e0116578_1644826.jpg
上の写真左上は、ムガル朝第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1639年に着工した城塞。城壁や城門が赤砂岩で構築されたことに由来してラール・キラー(レッド・フォート)と呼ばれている。上の写真右上は、1656年シャー・ジャハーン帝によって建てられたジャミー・マスジド(金曜モスク)。インド最大を誇る。上の写真左下はインド門(1929)。第1次世界大戦で戦死したイギリス領インド帝国の兵士を追悼するための門型慰霊碑。設計はエドウィン・ラッチェンス。上の写真右下はマハトマ・ガンディー記念公園(ラージ・ガート)の奥にあるガンディーの慰霊碑。

フマユーン廟
e0116578_1647221.jpg

e0116578_16475637.jpgムガル朝の第2代皇帝フマユーンの墓廟(1565)で、チャール・バーグ (char-bagh : チャールは4、バーグは庭園の意味で、池を中央に配して十文字に水路で区切った庭園。4本の生命の川と神と人間の相合(あいあい)をシンボル化したもので、四分庭園とも訳されるペルシャ式庭園計画の基本形) の中の廟としてはムガル建築の最初の実例とされ、後に続くムガル朝の廟建築の原型を示すものとされている。上の写真は、水路で分割された巨大庭園の中央に建つ4面同じファサードのフマユーン廟。優雅な4芯アーチが連続する高さ7mの大きな基壇上に建つ墓廟は、イスラム建築を特徴づける大小のイワーンが配され、赤砂岩に白大理石の象眼装飾が施された壁が建物全体を彩り、中央八角形の広間上部に、高さ38mの白大理石で覆われたドーム屋根が載るという彫刻的な建築である。左の写真は白大理石の模棺(セノタフ)が中央に置かれた八角形の広間。フマユーンの遺体を納めた実際の棺は模棺の直下に安置されているという。


ラクシュミーナーラーヤン寺院
e0116578_16563534.jpg
ニューデリーのビジネス街コンノートプレイス西側の、マンディア通りに面して建つラクシュミーナーラーヤン寺院は、ヒンドゥ教三大神の中のヴィシュヌ神の化身ナーラーヤンと、ヴィシュヌ神の妻ラクシュミーを祀る“ナガラ”スタイル (インド中世の寺院建築における北方型の様式で、聖室の上部を形成するシカラ(塔状部)の垂直性が強調されている。) のヒンドゥ教寺院。創建は1622年とされているが、現在の姿に再建されたのは1938年。インド有数の財閥であるビルラー家の資金援助で建設されこともあり、また管理運営もビルラ―財団によってなされていることもあって、別名ビルラ―寺院という呼名もある。設計は「近代インド建築運動」の提唱者とされるチャンドラ・チャタジー(1873~1966)という建築家。民族主義の高まりで伝統的な価値観や文化回帰が求められた時代であっただけに、白大理石と伝統的な赤砂岩のシトカが林立する形態は、人々が受け入れやすいものであったに違いない。(写真上) 下の写真は中央の祭壇広間。祭壇奥にナーラーヤン(左)とラクシュミー(右)像が安置されている。
e0116578_1704147.jpg

toshinacHP
[PR]
# by toshinac | 2015-05-15 17:01 | trip photos

大運河沿いのパラディオの教会堂/ヴェネツィア

ヴェネツィア本島の南にある幅400m近いサン・マルコ運河とジュデッカ運河(運河というより海峡といった感じ)の対岸の島、サン・ジョルジョ・マジョーレ島とジュデッカ島に、ルネッサンスの大建築家アンドレア・パラディオ(1508~1580)晩年の作である教会が3堂?ある。何れも正面を運河に面して建てられており、その威風は運河を挟んだ本島からも望むことができ、建築家の名声もあってか多くの観光客が足を運ぶ。
e0116578_16111117.jpg
1789年の9月から10月にかけて、ヴェネツィアに滞在した“文豪ゲーテ”は、パラディオ著の「建築四書」の序文にある「古代建造物の復元図は、単なる古代研究のためというより、むしろ寺院建築のための参考資料であり、範例のないデティール集である。・・・それらの知識を適材適所に用いれば、・・・芸術の法則に反することなく応用が実現したとき、それは称賛に値し、いかに快適なことかを示すだろう。・・・」を確認するべく現実のパラディオ建築を巡り、その印象や評価を、後に自著イタリア紀行で記している。
上の写真はサン・マルコ寺院の鐘楼から眺めたサン・ジョルジョ・マッジョーレ島。ヴェネツィア滞在中のゲーテも、サン・マルコの鐘楼に2度昇り、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島とその先のリド島(ヴェネツィアの潟とアドリア海を隔てる全長12kmの細長い島)を眺め、また実際に船を出し、リド島における防潮堤工事を視察し、干満の差が島々に及ぼす作用やヴェネツィアの行く末を論じている。

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会
ジュデッカ運河がサン・マルコ運河と交わるところにあるサン・ジョルジョ・マッジョーレ島は、ヴェネツィア共和国時代にベネディクト会に与えられた島であったこともあり、現在でも島全体が教会とその関連施設がほとんどである。現在のサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会は1566年に着工されるが、パラディオの死後は、高弟スカモッツィが引き継ぎ、1610年に完成させている。大小二重のオーダーと二重のペデメィント(三角破風)が際立つ白亜の神殿風ファサードは、伝統的なバシリカ式教会堂の正面に、ローマ神殿風の正面を矛盾なく取り付けるというパラディオ流の応用と、中央の高い身廊部分と、横に広がる側廊部分の内部空間を、二つの立面を重ねることで内外の空間的一致を図ったとされている。
e0116578_16181991.jpg

e0116578_16194675.jpg上の写真は水際に建つ姿が美しいサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会。ただ教会前の船着き場から眺める正面はあまりにも近すぎて、美しさではなく威圧感が勝ってしまう。中央4本の大オーダーが巨大なペデスタル(柱礎)の上にのる違和感と、両端の小さなオーダーが支えるペデメィントのコーニス(蛇腹)が、大オーダーの柱間を貫くという不自然さを指摘する建築史学者もいる。建築や芸術に鋭い眼力を持つゲーテもまた、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会堂の美しさを認めてはいるが、何かがおろそかにされていると感じたことを述べている。
左の写真は教会の身廊空間。柱の近くによると、ここでもペデスタルの高さが気になるところで、椅子にかけたときの目線より上から建ち上がる柱に不自然さを感じてしまう。
下の写真は教会に隣接した元修道院の中庭。現在は島の復興と修復および文化的事業を目的として設立されたジョルジョ・チーニ財団本部が置かれ、図書館や文書館や美術館などが充実、一部は一般にも開放されている。ちなみに1987年のG7(先進国首脳会議)の会場となっている。
e0116578_16251088.jpg

イル・レデントーレ教会
東西に長いジュデッカ島の中程に建つレデントーレ教会は、ヴェネツィアに猛威を振るったペストの終焉を神に感謝し、市民の救済を祈願する共和国の誓願教会として1577年着工し1592年(1599年という説もある)には完成している。国営工事ということもあるが、この種の建築工事期間としては異例なほど短い工期での完成である。数年とはいえパラディオ自身が工事を監督する期間もあったとされるこの教会堂は、彼の教会堂建築の理想を最もよく示す作品と言われている。
e0116578_16284669.jpg

e0116578_16305413.jpg上と左の写真はサン・マルコ側から近づく過程で見る教会堂。正面近くからは見えない身廊奥のドーム屋根が見え隠れする。
下の写真は船着き場正面から見るイル・レデントーレ教会堂。大小二重のペデメィントが重なる神殿風正面はサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会堂と同じだが、あの威圧感のある巨大なペデスタルを廃し、建物全体を基壇に載せて前面に階段を設け、より古代神殿の外観に近づけている。
また正面のペデメィントが身廊の高さにあるサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会と違い、4本の大オーダーが支える正面ペデメィントの位置が、身廊の高さより低く抑えられている。そのことで生じた身廊からの葺き下し屋根の難しい取合いを、古代建築パンテオンのペデメィント奥に付く屋階部分に類似した、コーニスの付いた長方形の屋階風の壁(アッティカ?)を設けて処理している。
“イル・レデントーレ教会は、パラディオの建てた美しく偉大な建築であり、その正面はサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会より遥かに賞讃すべきものである”・・・ゲーテ評である。
e0116578_16345948.jpg

ジテッレ教会(サンタ・マリア・デッラ・プレゼンタツィオーネ)
ジュデッカ島の東の端に位置し、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会とイル・レデントーレ教会の間に建っているジテッレ教会は、貧しい女性を収容するための救貧院の教会堂として、パラディオの設計をもとに、ヤコポ・ボッツェット(Jacopo Bozzetto:1521~1583)という建築家が1586年に完成したという説もある。しかしパラディオが関わったという確証はなく、建設時期もあいまいで学術的な裏付もいまは無く、残念ながらゲーテのイタリア紀行にも記述はない。下の写真はゴンドラの向こうに望むジテッレ教会堂。
e0116578_16381856.jpg

toshinacHP
[PR]
# by toshinac | 2015-04-20 16:39 | trip photos

キオッジャ

“小さなヴェネツィア”と呼ばれるキオッジャ(ヴェネツィアの南、陸路約50km)は、ヴェネツィアと同じラグーナ(潟)の南端に築かれた魚港の町。観光客で溢れるヴェネツィアとは違い静かで素朴な雰囲気の漁師町である。運河で隔てられた小さな島々に築かれた旧市街は、雰囲気はまさしく小さなヴェネツィアだが、街の中心部でも自動車の通行が可能であることは大きな違い。
e0116578_1653358.jpg

e0116578_17143780.jpg一説では、ヴェネツィアの繁栄を支えてきたのはキオッジャであると言われているが、古代ローマ時代に塩作りが確立したキオッジャは、やがて生産、販売の貿易の港町として栄え、後に塩から養殖産業や農業にシフトされ発展拡大し、いまではヴェネチィアをはじめ近隣のベネト地方に魚介類や農産物を供給する拠点となっている。
上の写真は旧市街を貫くヴェナ運河に架かるヴィーゴ橋。17世紀末の完成でキオッジャのランドマーク的な橋。左の写真上は、運河と平行して街の中央を貫く幅30mほどのポポロ通り。広場の役目も果たすことから“ピアッツァ”とも呼ばれる街一番の賑わいを見せる場所。左の写真下は街の大動脈でもあるヴェナ運河。ヴェネツィアとは違い浮かぶ小舟は漁船が多い。(写真はいずれも1988年の撮影) 因みに下の写真はキオッジャ旧市街の衛星写真(Google Earth)。ポポロ通りとヴェナ運河に直交する細い路地(Calle)がつくり出す特徴的な短冊形街区がよく分かる。
e0116578_1734683.jpg

toshinacHP
[PR]
# by toshinac | 2015-04-05 17:04 | trip photos

イストラ半島の港町

イストラ半島(イタリア語ではイストリア)はアドリア海の一番奥に位置し、イタリア、スロベニア、クロアチアに跨る三角形の半島である。紀元前2世紀頃のローマ帝国にはじまり、諸民族の支配下に置かれたこの地域に、現在のスロベニア人やクロアチア人達と同じ南スラブ系の民族が定住したのは6~7世紀頃とされている。やがてカール大帝のフランク王国やヴェネツィア共和国、さらにオーストリア帝国の支配という重なる変遷は、複数民族の混住が進むこととなり、後々の民族間対立の素因になっていく。第1次大戦後半島全域がイタリアに併合されるが、第2次大戦後、西側にとって重要な港であったトリエステを除いた部分がユーゴスラビア領となり、1991年よりスロベニア領とクロアチア領になる。

プーラ
e0116578_164716100.jpg

e0116578_16504829.jpgイストラ半島の先端に位置するプーラは、陸路でザダルから325km、イタリアのトリエステからは100km程にあるクロアチのイストラ郡最大の都市。破壊と統治の繰り返しを受けてきた歴史の積み重ねが反映された旧市街には、古代ローマ遺跡が保存され、中世やルネッサンス期の建築が軒を連ねる。
上の写真は、紀元1世紀に建てられた円形闘技場プーラ・アレーナ。夏には映画祭やコンサート会場として利用されている。
左の写真はプーラ・アレーナの衛星写真。本来ならば持参した凧カメラでの俯瞰写真をUPしたいところだが、撮影叶わずGoogle Earthを使用させて頂いた。





下の写真は楕円の外壁がほぼ完全な形で残るアレーナ外観。
e0116578_16542040.jpg

e0116578_16552722.jpg左の写真はセルギイ家のアーチ。都市を守る市壁に設けられた10の門の一つで、ローマ帝国の都市建設に貢献した、地元のセルギイ家を記念して紀元1世紀ごろ建てられた凱旋門。





下の写真は、フォーラムと呼ばれるローマ時代の広場に建つアウグストゥス神殿と市庁舎(公民館)。女神ローマとローマ皇帝アウグストゥス(在位B.C.27~A.D.14)に捧げられた神殿は、少なくとも皇帝の在位中には建設されたらしい。1944年連合軍の空爆で破壊されたが、1947年に再建された。隣に建つ市庁舎は、かつてディアナ神殿があった場所に、1296年に建てられたゴシック様式の市役所が始まりで、その後多くの再構成が繰り返され、15世紀末にルネッサンス様式、17世紀にはバロック様式に、現在の姿は1988年に再構成されたものだそうである。
e0116578_16571977.jpg

ポレッチ
クロアチアのイストラ群に属する小都市ポレッチは、プーラから車で50kmほどに位置している。紀元前2世紀にはローマの軍事拠点が設けられ、アウグストゥス帝の時代にはローマ帝国の植民都市となり、以後イストラ半島における他の沿岸小都市と同様の歴史を辿っていく。下の写真はポレッチ歴史地区。中央奥にポレッチのシンボルであるエウフラシウス聖堂の鐘楼(16世紀)を望む。
e0116578_1701732.jpg

e0116578_171119.jpg左の写真は、列柱回廊に囲まれたエウフラシウス聖堂の中庭。





下の写真左は聖堂内部。3つのアプス(後陣)を持つ3廊のバシリカ式聖堂で6世紀中頃の創建。後陣上部を飾るキリストを抱いた聖母マリアのモザイク画は、初期のビザンチン美術としての評価が高い。1997年“エウフラシウス聖堂建築群”として世界遺産に登録されている。
下の写真右は13世紀に建築されたとされる“ロマネスク様式の家”。一階は納屋、2階に暖炉を持つ大部屋があり、2部屋ある3階には内部階段で通じる造りの家だが、ゴシック様式の窓などからも分かるように数度の増改築を重ねたもの。
修復は施されているだろうが、特徴的な木製バルコニーは18世紀頃に設けられたものと言われている。
e0116578_17121182.jpg

ピラン
e0116578_17152315.jpg
イストラ半島のスロベニア領にある港町ピラン(ピラーノ:イタリア語)は、クロアチアのポレッチから車で45kmほどにあるスロベニアの観光地。紀元前からローマの版図にはあったが、都市化の始まりは、7世紀に入って東ローマ帝国の支配が進んでからのことらしい。今に見る中世の街並みは、ヴェネツィア共和国による500年を超える統治の長さを物語っている。
上の写真はピランの中心タルティーニ広場を、聖ユーリ教会の建つ丘の上から眺める。現在広場は整備され、車の乗り入れはできないようである。
下の写真はタルティーニ広場から眺めた聖ユーリ教会。創建は12世紀と考えられているが、現在の教会は1334年ルネッサンス様式で建てられた後、1637年にバロック様式に改築されている。ヴェネツィアのサンマルコ寺院のものと似た鐘楼は1606年の完成とされている。
e0116578_1718151.jpg

e0116578_17191797.jpg
上の写真は聖ユーリ教会内部。華やかに装飾された堂内も、訪れた時期(1988年)は壁や天井の汚れが長い歴史を滲ませていたが、現在は修復され華やかで明るい雰囲気になっているらしい。

コペル
e0116578_17225452.jpg

e0116578_17234411.jpgピランから15km ほど北に位置するイタリア国境に近い港町コペルは、スロベニア唯一の商業港で、コンテナの集積場などに囲まれた旧市街は、空から見ると取り残された古代都市を彷彿させる。オーストリア帝国領(1797年)となったとき、トリエステ(現イタリア)の一部となり、第2次大戦後の1945年ユーゴスラビア連邦人民共和国となるまでの間は、イタリア人が最も多く住んでいたというイタリア色の強い町コペルは、現在も公用語はスロベニア語とイタリア語だそうである。

上の写真は築堤で本土と結ばれた島に築かれた都市コペルを俯瞰(Google Earth)。


左の写真は街の中心チトー広場に建つ鐘楼と大聖堂。53mの鐘楼は13世紀に建設されたもので、当初は海の監視塔としての役目が主だったようである。15世紀に建設された大聖堂に接続され鐘楼の機能を獲得する。




トリエステ
イストラ半島北の付け根部分にあるトリエステ湾の奥に位置するトリエステは、北・東・南の三方がスロベニア国境に接するというイタリア北東部の港湾都市。
ケルト人による建設が始まりとされ、紀元前2世紀にはローマの植民地となりテルゲステと呼ばれたという。その後東ローマ帝国やフランク王国などの支配下に置かれ、ヴェネツィア共和国による一時期の支配を経て、1382年よりハプスブルク家の領地となり、オーストリア帝国の港湾都市として発展。第2次大戦後のユーゴスラビアとの帰属をめぐる紛争が生じ、国際連合の管理下に置かれるが、1954年のロンドン覚書により分割され、現在のトリエステはイタリア領となる。

e0116578_17294923.jpg左の写真上は、1756年に完成した大運河の先に、1849年に建てられた聖アンソニー教会(サンタンヌオーヴォ教会)を見る。新古典主義様式の教会は、スイス人建築家ピーター・ノーブル(ピエトロ・ノビレ:1776~1854)の設計。左の写真下はトリエステの中心イタリア統一広場。手前を海に開き、3方を重要建築群が取り囲む広場は、世紀を超えて改修を重ねてきたが、現在の姿は2005年に終了した全面改修時のもので、広場の床もアスファルトから伝統的な敷石に戻されている(写真はアスファルト舗装時のもの)。正面は1875年の建築?とされる市庁舎。設計はトリエステの建築家ジュゼッペ・ブルーニ(1822~1877)。
下の写真は2世紀始め頃のトラヤヌス帝時代のローマ劇場。聖アンソニー教会の設計者であるピーター・ノーブルが、旧市街の住居下に眠る遺跡を確定(1814年)していたが、実際に発掘されたのは1938年の市街地開発の時だそうである。
e0116578_17321653.jpg
(写真は全て旧ユーゴ時代の1988年に撮影したものである)

toshinacHP
[PR]
# by toshinac | 2015-03-21 17:34 | trip photos