works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

エフェソス遺跡/トルコ共和国
at 2018-10-06 10:03
アタチュルク廟/トルコ共和国
at 2018-09-17 16:10
イスタンブール3/トルコ共和国
at 2018-09-01 10:52
イスタンブール2/トルコ共和国
at 2018-08-21 08:58
イスタンブール1/トルコ共和国
at 2018-08-04 09:16

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

ヒヴァ (1)/ウズベキスタン

首都タシュケントの西約750km、ホラズム州の州都ウルゲンチの南西30kmに位置するヒヴァは、古代ペルシャ時代からカラコム沙漠への出入口として栄えたオアシス都市。
その起源は考古学的には1世紀頃に遡ると考えられている。年間300日は雲一つないという「太陽の国」ホラズム(中央アジア西部に位置する歴史的な地域)の古都ヒヴァの名が初めて現れたのは、10世紀に書かれたアラビア語の地理書の中だそうである。13世紀のチンギス・ハーンによる攻撃や、14世紀のティムールによる支配で破壊、荒廃したホラズムを再興したのは16世紀初めに南下したウズベク族で、ブハラ、コーカンドとならんで、3ハーン国の一つとされるヒヴァ・ハーン国が建設されたのは1512年。
1643年にヒヴァ・ハーン国の首都がウルゲンチからヒヴァに移されると、街はホラズムの政治、経済、宗教の中心地としてその地位を確立する。街には二重の城壁が巡らされ、外側の城壁に囲まれたデシャン・カラ(外城)と、内側の城壁で囲まれたイチャン・カラ(内城)に分かれている。1740年、ペルシャのナーディル・シャーによる攻撃で街は破壊され、イチャン・カラも廃墟と化したが、18世紀から19世紀にかけてほぼ完全に再建されている。1873年にはロシア軍に占領されて帝国の属国となるが、ハーンの住居やイスラムの信仰施設の建設はつづけられていた。
ロシア革命(1917年)後の1924年にウズベク・ソビエト社会主義共和国が成立すると、ヒヴァはウズベクに区画され、1938年にホラズム州に編入された。

イチャン・カラ
e0116578_135616100.jpg
イスラム教の聖都ヒヴァのイチャン・カラには、20のモスクと20のマドラサ、6基のミナレットなど、多くの遺跡が残されており、1969年には“博物館都市”に指定され、1990年には世界文化遺産に登録されている。上の写真は、東西約450m、南北約650mのイチャン・カラを囲む城壁の一部。ヒヴァには城壁に死者を埋葬する旧習があったことから、城壁の基部にはイスラム独特の形をした墓が連なるように造られている。
下の写真はイチャン・カラの東西南北にある城門の一つで、南にあるタシュ・ダルワザ門。過酷なカラクム沙漠への出入口である。
e0116578_1359030.jpg

e0116578_140183.jpg
上の写真は観光客の入口となる西門(アタ・ダルワザ)を抜け、最初に目にするイチャン・カラのシンボル、未完の塔“カルタ・ミナル”を逆光の中に見る。左側の壁は古い宮殿を意味するクフナ・アルクの城壁。あえて逆光補正をしなかった結果の写真で、シルエットのみの景観となった。

e0116578_1444156.jpg

e0116578_14628.jpg上の写真は西門近くの城壁上からの眺め。城壁の右側がイチャン・カラで、1983年に大規模な改修工事が行われ、歴史記念物地区の建物は保存・改修され、老朽化が進んだ一部の建物は取り壊され、居住区の古い家屋は撤去と建替えが行われたという。


左の写真は、イチャン・カラの中心部からタシュ・ダルワザ門(南門)に通じる通り。イスラムの中世都市景観を彷彿させてくれる。
イチャン・カラのランドマークともいえる、高さ45mのイスラム・ホッジャ・マドラサ(1910年)のミナレットを正面に見る。


下の写真は東側のバルヴァン・ダルワザ門(1835年)。門の外側には、ロシアの支配下(1873年)に入るまで奴隷市場があったことから別名「奴隷の門」とも言われた。
当時奴隷の数は3万人を超え、ロシア人の奴隷も3000人を数えたとされ、強靭なロシア人奴隷はラクダ4頭で売られたという説がある。
e0116578_1410690.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2018-02-01 14:11 | trip photos