works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

エフェソス遺跡/トルコ共和国
at 2018-10-06 10:03
アタチュルク廟/トルコ共和国
at 2018-09-17 16:10
イスタンブール3/トルコ共和国
at 2018-09-01 10:52
イスタンブール2/トルコ共和国
at 2018-08-21 08:58
イスタンブール1/トルコ共和国
at 2018-08-04 09:16

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

アルベロベッロ

しばしば長靴の形で例えられるイタリア半島の、踵の部分にあたるプーリア州の小さなコムーネ(基礎自治体)の一つアルベロベッロは、白壁に石積のとんがり屋根という、この地方の伝統的な家屋であるトゥルッリ民家の集落で知られる世界遺産の小さな町。
アルベロベッロのあるムルジェ地方は、肥沃な表土のすぐ下に石灰岩の層があることから、良好な石材を容易に得ることができ、それを積上げて壁を造り、ドーム状の屋根を架けた建築が古くから造られてきた。その発展した形ともいえる円錐形ドームを持つトゥルッリは、素朴な農家の孤立した形式が本来の姿だが、それが集まって町のような景観を見せるのがアルベロベッロである。
e0116578_923864.jpg

e0116578_9241178.jpgイタリア建築史の研究者によれば、現在のアルベロベッロは、15世紀・16世紀頃には分散していたトゥルッリの小集落が、17世紀・18世紀の発展に伴って拡大し、結果トゥルッリの大集合体が形成されたという。「アルベロベッロのトゥルッリ」として世界遺産に登録されている地域は、町の東部高台のアイア・ピッコラ地区と、横長の谷状の底にあるジュゼッペ・マルテロッタ広場から、南に展開する北向き斜面のモンティ地区である。ユネスコによればアイア・ピッコラ地区には1030軒、モンティ地区には590軒のトゥルッリが現存しているそうである。
上の写真は、モンティ地区のトゥルッリ集落を、対面する高台からマルテロッタ広場越しに見晴るかす。

左の写真はマルテッロ広場から上る通りの昼下がり。坂の両側の民家の多くが土産物屋を営んでいるが、果樹園等の農業に従事している家も少なくないようである。
下の写真はモンティ地区の別の通り。緩やかな弧を描く坂道の両側に、壁を共有しながら整然と連なるトゥルッリの民家。
e0116578_9332063.jpg

下の写真2葉はアイア・ピッコラ地区のトゥルッリの町並み。
モンティ地区に比べ少し古い地区だけに、さまざまな形のトゥルッリが不規則に連なるが、不思議と統一感のとれた美しい町並みが形成され、土産物屋が多いモンティ地区と違い観光客の数も少なく、落ち着いたたたずまいを見せている。
e0116578_9361086.jpg
e0116578_9364141.jpg
下の写真はアイア・ピッコラ地区にあるトゥルッロ・ソヴラーノ。主権者のトゥルッロ(トゥルッリの単数形)と呼ばれているだけに、一般のトゥルッリに比べると規模も大きく、石積にモルタルを使用するなど、建築の技術にも変化が見られ、トゥルッリでは殆んど見られない2階のある造りとなっている。最も古い部分は17世紀初頭のもので、18世紀に拡張し現在の形が造られ、その後領主の館や地元司祭のための施設など、様々な役割をはたしてきたという。現在はトゥルッリ博物館になっている。
e0116578_9391354.jpg
e0116578_9403718.jpg
上の写真は、プーリア州ムルジェ地方の通称オリーブ街道沿いに点在するトゥルッリ。左上はアルベロベッロと見紛うばかりのオストゥーニ近くのトゥルッリの集落。左下は、同じオストゥーニ近くで見たオリーブの木に囲まれたトゥルッリだが、石積みの壁に石灰が塗られていないことからか、素朴でいかにも農家という印象を受けたトゥルッリ。右上下は、州都バーリの北西約30kmの小さな港町モルフェッタから、さらに北西約20kmの港町トラーニに向かう途中のオリーブ畑の中に見た珍しい渦巻き状のトゥルッロ。壁から屋根に連続して石を積上げて空間を獲得するこのトゥルッロは、いまは農機具の置場や倉庫として使用されているようだが、元来トゥルッロは農夫が休憩したり、農繁期に宿泊したりする場所だったことを考えると、これはトゥルッリの祖形ではと思えてくる。
下の写真は折り紙建築のシフトカード「アルベロベッロ」。1枚の紙で作られており、折り重なった上下を摘まんで横に移動させると奥行感のあるカードとなることから、シフトカードと呼んでいる。(作:中沢圭子
e0116578_943940.jpg

toshinacHP
[PR]
by toshinac | 2018-03-28 09:46 | trip photos