works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

メンフィス・サッカラ/エジプト
at 2019-01-15 10:10
ギザのピラミッド群/エジプト
at 2019-01-10 11:19
カイロ/エジプト
at 2018-12-13 17:40
カッパドキア/トルコ共和国
at 2018-11-16 16:46
ヒエラポリス遺跡/トルコ共和国
at 2018-10-24 11:19

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

ヒエラポリス遺跡/トルコ共和国

エフェソス遺跡のあるセルチュクから、東に200km弱という、当時の都市の立地としては珍しい内陸部に位置するこの遺跡は、B.C.190年頃にペルガモン王国(紀元前2世紀に、現在のイスタンブールの南に位置するペルガマに栄えた、ヘレニズム時代の都市国家。)のエウメネス2世によって植民都市として建設され、初代国王の王妃ヒエラの名が付けられてヒエラポリスと命名される。だがこの名にはもう一つの由来があり、ギリシア語でヒエラが“神聖な”を意味することから“聖なる街”という説もある。
後のローマ帝国の支配下では神殿や劇場、アゴラや市場などが建設され、この地が温泉地ということから湯治場的な保養地としても繁栄し、豊富な水源を活かして綿花や穀物の栽培も盛り、東ローマ帝国(ビザンティン)時代やイスラム侵攻(7世紀)後も大いに栄えたとされている。
しかし1354年の大地震で都市は完全に崩壊し、ドイツの調査団による本格的な発掘が始まる1887年まで、ヒエラポリスは荒れ果てたまま放棄されていた。
e0116578_1175637.jpg
上の写真は、ヒエラポリス遺跡のなかでも比較的保全状態のいい円形劇場。2世紀にハドリアヌス帝(在位:117年~138年)の下で建てられ、3世紀にセウェルス帝(在位:193年~211年)の下で改装されている。急勾配の客席が特徴的なこの劇場は、15,000人を収容できたと言われている。下の写真は、オーケストラの床を支えた連続するアーチ。
e0116578_111047.jpg

下の写真2葉は、ローマ帝国の第11代皇帝ドミティアヌス(在位:81年~96年)を讃えて造られた3連アーチのドミティアヌスの門と、その先のビザンツ門に至る石畳の通り。地下には下水管も整備され、両側には大きな建物が建ち並ぶかつてのメインストリート。
e0116578_11123592.jpg
e0116578_1113861.jpg

e0116578_11142155.jpg
上の写真は、ドミティアヌスの門の北にある浴場跡。3世紀のローマ浴場ではあったが、330年にキリスト教が公認されると、その後まもなく教会に変えられたという。
下の写真2葉は、ヒエラポリスの北に広がる古代のネクロポリス。アナトリア地方では最大級とされる共同墓地で、墓の数は1000基を超えると言われ、広範囲に分散する。ヘレニズム後期のものが主流だが、石室や石棺にはローマやビザンティンの影響も見られる。柱の上に石棺を載せた形態は、ここから200km以上南下したエーゲ海沿いの“古代リキア遺跡クサントス”のネクロポリスに見る柱状墓と、その概念は同じところだろうが、写真に見る石棺は柱状墓ではなく柱上墓といった印象である。
e0116578_11171831.jpg
e0116578_1118460.jpg

toshinacHP
by toshinac | 2018-10-24 11:19 | trip photos