人気ブログランキング |


works & trip photos     (c)Toshiaki Nakazawa all right reserved.


by toshinac

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
trip photos
works
未分類

検索

最新の記事

山西省1/80~90年代の中国
at 2019-09-06 12:00
水郷の古鎮3/80~90年代..
at 2019-08-23 16:38
水郷の古鎮2/80~90年代..
at 2019-08-10 08:00
水郷の古鎮1/80~90年代..
at 2019-08-01 08:00
江南の水郷都市2/80~90..
at 2019-07-10 08:00

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

記事ランキング

画像一覧

<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

北京2/80~90年代の中国

天壇(1981年夏の写真)
e0116578_16251724.jpg
天壇は北京市東城区にある史跡で、明・清時代の皇帝が天を祭り、五穀豊穣を祈願した場所。明代の1420年創建で、当時は天地壇と呼ばれていたが、1530年に現在の規模に拡張されるとともに、1534年に天壇と地壇に分離、以後天壇と呼ばれている。ただし、祈念門・皇乾殿を除けば清代の18世紀以降の建築だそうである。総面積280haという広大な敷地は、天と地を意味する古代の「円天地方」という宇宙観に基づき、北側両隅が円弧で、南側が方形という形になっている。かつては一般人が立ち入れない神聖な場所であったが、現在は天壇公園として開放され、庶民の憩いの場にもなっている。
上の写真は圜丘壇(皇帝が天を祭るための儀式の場)から北を見る。白石門の先に皇穹宇、その先の祈念殿へと、南北軸の直線上に並ぶ天壇の中心部。
e0116578_16264851.jpg
上の写真は天壇のシンボル的な建築で、毎年春の豊穣祈願をするための祈念殿。3層の大理石の基壇上に建ち、上にゆくに従って縮小する青瑠璃瓦の三重屋根は天とのつながりを表わしているという。祈念殿の前身は、1545年に建てられた大享殿で、三重の屋根は上中下をそれぞれ青、黄、緑の三色の瑠璃瓦で葺かれていたが、清代の1751年に修復した際、全て青色の瑠璃瓦に葺き替えられている。その後1889年に落雷で焼失し、1896年に再建された。下の写真は祈念殿の天井見上げ。
e0116578_16281767.jpg
e0116578_16291078.jpg
上の写真は、回音壁(壁に向かって話したり音をたてたりすると、100m近く離れた壁にいても聞こえるという、文字通り音が壁を回るという不思議な壁)と呼ばれる半円形の塀越しの皇穹宇。創建は明代の1530年で、清代の1752年に再建されて今の様式となる。もともと「皇天上帝」の神位を置く場所で、圜丘での祭事の時、壇の上に置かれる皇帝の位牌や神具等を収めておく所である。下の写真は皇穹宇の天井見上げ。
e0116578_16303515.jpg

頤和園
北京の中心部から北西に10kmほどの所にある頤和園は、元代以降風光明媚な地区として知られ、明代には富豪の庭園が築かれて西湖と呼ばれていた所。清の乾隆時代に湖を掘り、その土を東岸に積んで堤を築き、北部の山を万寿山、南の湖を昆明湖と改名し、かつて建てられていた圓静寺の跡に大報恩延寿寺を建て、そこに楼閣を造って清漪園(せいいえん)と名付けた。その後1860年、英仏連合軍が侵入した際、清漪園はその大部分を焼失したが、1888年(光緒14年)、慈禧皇太后(西太后)が8年の歳月を費やして再建し、頤和園と改名した。
e0116578_16315444.jpg

e0116578_1643927.jpg上の写真は昆明湖から眺めた万寿山(1981年)。昆明湖拡大のため掘り出された土で築かれた小山で、高さは約59m。中央に頤和園のシンボル的な建築である高さ41mの仏香閣を見る。

左の写真は、金水橋の先に排雲門、そして排雲殿(西太后が清国海軍の経費を流用して建設したとされている。)から仏香閣へとつづく建築群(1981年)。頤和園全体の主軸線を形成している。





下の写真は、仏香閣が建つ基壇上から昆明湖を見晴るかす(1984年)。
真下に排雲殿の屋根、排雲門、先に湖畔の鳥居型の門「雲輝玉宇」牌坊、そして昆明湖の中に十七孔橋で結ばれた南湖島を見る。
さらに下の写真は昆明湖畔に建つ雲輝玉宇牌坊(1981年)。
e0116578_16513310.jpg
e0116578_16521754.jpg

e0116578_16544241.jpg左の写真は、万寿山西麓の湖岸に建つ石造りの舟形建築「清晏舫」。石舫とも呼ばれる石船部分は、乾隆帝時代の1755年の建築で、沈むことのない船を、絶対に覆らない王朝の象徴として造られたようである。1860年の英仏連合軍侵略時に上部の中国風艙楼(建物部分)が焼失してしまい、西太后が再建するとき西洋式に変えられたそうである。
艙楼部分は木造で、表面は大理石風模様の塗装が施されている。ちなみに現在は内部には入れないようである。

下の写真は、湖の北畔に沿って東西に延びる長さ728mの長廊。乾隆帝の母親のために雨の日でも湖の散策が楽しめるよう造ったものらしいが、英仏連合軍の侵入時に破壊され、後に西太后によって再建された。長廊の梁や桁には一万四千余りの絵色彩豊かに描かれている。文化大革命時には破壊する命令があったらしいが、当時の管理者が絵の上に白い粉を塗って難を逃れたという話もある。写真は、1977年の文革終結宣言が出されて間もない1981年のものである。
e0116578_1722845.jpg

toshinacHP
by toshinac | 2019-05-21 17:04 | trip photos

北京1/80~90年代の中国

1978年の日中平和友好条約から3年後の1981年、広大な黄土高原に分布する地下住居“窰洞”(ヤオトン)集落調査の考察団として初めての北京入り。以来、窰洞考察団として7次に亘る訪中時に各地に足をのばし、北京に於ける生土建築学術会議(1985)と日中伝統民家・集落シンポジウム(1992)の他、3度の個人的な中国旅で撮りためた写真を見直してみた。
1999年以降の中国は実見してないが、メディアを通して知る限り大都市はどこも超高層ビルが建ち並び、高速鉄道網が敷かれ、ハイテク産業も世界を席巻する勢いで、名所旧跡を除けば隔世の感である。
GDP世界第2位の経済大国を僅か数十年で築いた中国はもはや「眠れる獅子」ではないが、目を覚ましつつあった80年~90年代の、中華人民共和国の都市や史跡や建築、そして美しい自然や特異な住居・集落の写真を集めてみた。

故宮(紫禁城)
e0116578_17211491.jpg
e0116578_17221117.jpg
北京市の中心に位置する明・清時代の皇宮であった故宮は、数多くの宮殿や楼閣から成る世界最大級の木造建築群。南北961m、東西753m、敷地面積は約72万㎡で、周囲を高さ10m超の厚い城壁が囲み、さらに幅52mの堀がめぐり、その中に9000間以上の建物があり、その建築面積は約15万㎡にも及ぶ。
1925年に故宮博物院として一般公開され、1987年世界遺産に認定されている。
上の写真の上は、故宮の北にある景山(北海公園の湖と、紫禁城の堀を造った際に出た残土で造られた人工の山)から見た朝靄に霞む故宮(1982年冬)。上の写真の下は景山から真北方向を見る(1982年冬)。真っ直ぐのびる地安門外大街の先に鼓楼(創建は1272年で、現在のものは1539年に再建されたもの)を見る。天安門で始まり、景山で終わる紫禁城は、北京古城の南北中軸線上にあることがよく分かる。
e0116578_17273811.jpg
上の写真は大和門から見た大和殿(1981年夏)。
1406年に建築が開始され、1420年に完成の奉天殿(大和殿)は、幅95m、奥行48mという規模であったらしいが、その後数度に亘って焼失、再建が繰り返される。清代になって大和殿と改称され、1669年に大規模改修が行われたが、1679年、御膳房からの出火で大和殿も延焼し、1695年から1697年にかけて再建工事が行われ、この時に建物は幅64m、奥行37m、という現在の大きさになる。
下の写真は大和門から見た紫禁城の南門にあたる午門(1981年夏)。
e0116578_17293497.jpg

e0116578_1738559.jpg
上の写真は九龍壁(1982年冬)。紫禁城の北東部にある寧寿宮にあり、中国3大九龍壁の一つで、長さ29.4m、高さ3.5mの瑠璃装飾の壁。1772年に製作されている。
下の写真は紫禁城内の西1長街(1982年冬)。映画「ラストエンペラー」の中で、皇帝溥儀が自転車に乗るシーンの撮影場所。さらに下の写真は1999年撮影の大和殿。
e0116578_17432156.jpg
e0116578_17422126.jpg

toshinacHP
by toshinac | 2019-05-01 17:46 | trip photos